「AI」中居正広は知っている…笑福亭鶴瓶が「テレビから絶対消えない秘密」裏側!

拡大画像を見る

 落語家の笑福亭鶴瓶(69)が6月13日放送のラジオ番組『ヤングタウン日曜日』(MBSラジオ)に出演し、タクシー運転手との思わぬやりとりについて語った。

 この日、収録会場の場所までタクシーで移動することになった鶴瓶。すると、乗車するや否や運転手に「うわぁ~!」と驚きの声を上げられたという。

 これだけなら芸能人だからよくあることで、「鶴瓶さんですか?」と言われるかと思ったとしつつ、運転手からは「お客さん、こんなん言ったら失礼ですけど、鶴瓶に似てますね」と言われたと明かし、「“失礼”が失礼やろ!」と声を荒げ、番組スタッフらを笑わせた。

「鶴瓶さんといえば、テレビ6本、ラジオ2本のレギュラーに加え、落語の公演も行うなど、今も第一線で活躍中です。また、7月2日には鶴瓶さんを17年にわたって追ったドキュメンタリー映画『バケモン』が公開されるなど、今後の動向にも注目が集まります。

 ただ、今年12月には70歳を迎えます。そのため、ここ数年は人や物の名前がなかなか出てこずに、“えー、あれやあれや……”となることもしばしばあるといいます。しかし、実は、この“あれやあれや……”と口ごもっているシーンは編集ではいっさいカットしてくれと、鶴瓶さんサイドは番組制作陣に指示しているそうですよ。

 それは、いかにも“老いているように見えてしまうから”だといい、そういった印象を持たれないように徹底的にカットをお願いしているみたいですね。いつも自然体で、“何を使ってもええで”というふうに見えて、実はそうした細やかな自己プロデュースを行なっているからこそ、今でもテレビに引っ張りだこ、という面がありそうです」(お笑いプロ関係者)

■異例共演の『紅白』でも中居が鶴瓶を操って……

 6月15日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)でも、鶴瓶は言葉を言いよどむこともなく、元SMAPの中居正広(48)とともに、MCの仕事をしっかりとこなしていた。

「番組は中居さんが進行を務めてゲストのエピソードトークを引き出し、ツッコミを入れたり、さらに中居さん自身のエピソードトークを上乗せする、といった流れが定番。鶴瓶さんは絶妙な面白コメントを差し込んだり、大声でツッコミを入れる、という役割が多いんです」(制作会社関係者)

 このようにコンビネーション抜群の2人だが、鶴瓶はその中居を大いに頼りにしている。2人は20年以上にわたって『仰天ニュース』で共演。6月6日放送のラジオ『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』(ニッポン放送)でも、中居に全幅の信頼を寄せている、と話している。

 2007年の『NHK紅白歌合戦』では、白組司会を鶴瓶、紅組司会を中居が務めるという異例の形式で番組が放送された。

 鶴瓶がほとんど台本を読まないままで本番に臨んだ一方、中居は数時間に及ぶ『紅白』の分厚い台本をすべて覚えていたといい、「中居が(鶴瓶の)背中を叩いて“感想言え”とかいう感じ。あいつは全部覚えてるんですよ。腹立つけど。全部覚えてて、“ここで”って背中叩いて俺がしゃべる。カメラも“そこのカメラ”、“向こうよ”とか言って」と、中居の指示で番組を進行していたと明かした。

■「中居がおるからもう中居に任そうと」

 さらに鶴瓶は「あいつ、俺の近くのAIですよ」と中居を人工知能にたとえ、「すごいですよ、あいつは。ぜんっぶ覚えてますよ」と話し、「覚えてないふりもできるし」と、中居の圧倒的な能力の高さについて語った。

 そして、「だから全部任しますよ。『仰天ニュース』なんか(自分は)ゲストもわからない。全部任しますから」「(仰天ニュースは)中居がおるからですよ。中居がおるからもう中居に任そうと。いらんこと言うたら怒ってくれるっていうね」と嬉しそうに続けたのだ。

「これは本当に、『仰天ニュース』では中居さんにすべて丸投げなのかもしれませんね(笑)。当然、中居さんは鶴瓶さんが人や物の名前が出にくくなっていることは知っている。ただ、すべて知ったうえで、さらに“任せてもらえている”という責任感もあり、鶴瓶さんをフォローしつつ番組を進行しているんでしょうね。2人は最高のタッグ。かつては仕事終わりに2人で、大人の店にも行っていたそうですよ……(笑)。

 鶴瓶さんは、任せられるところは優秀すぎる後輩に任せ、適度に力を抜いて番組に出演する。そして見え方のところだけは調整してもらう。だからこそ、これだけ長い間、活躍できているのかもしれませんね」(前出のお笑いプロ関係者)

 20年以上にわたって続く“鶴瓶&中居”の最強コンビは、今後もお茶の間を沸かせてくれるに違いない!

関連リンク

  • 6/16 6:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます