吉岡里帆より“オタオタ”鈴木亮平『レンアイ漫画家』低視聴率でも意外な魅力

拡大画像を見る

 今クールのドラマ、意外に面白かったのが、鈴木亮平(38)主演の『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)だ。最高視聴率は初回の6.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区/世帯/リアルタイム)。その後は5%台をウロウロしている感じで、数字だけ見たら「惨敗」に入るだろう。

 が、そもそも今の時代、リアルタイムの視聴率だけで人気がないと判断するのはナンセンス。ギスギスしたコロナ禍の中、優しい気持ちにさせてもらった。

 とはいえ、この『レンアイ漫画家』と『恋はDeepに』(日本テレビ系)は「現実離れし過ぎている」との批判も多かったのも事実。『恋ぷに』は確かに、ドラマチックかつファンタジー極まれり。面白さを感じるよりとまどいが先に立った。

『レンアイ漫画家』も最初のあたりはドキドキしたが、「仕事として疑似恋愛をする」「刈部があいこに対して高圧的」という設定が、思ったより早くフェイドアウトしていったのが良かった。回数を追うごとに、鈴木亮平の武骨ながら優しい個性が役とシンクロ。久遠あいこを演じる吉岡里帆(26)はもちろんかわいかったが、このドラマでオタオタする鈴木は、吉岡里帆以上にかわいかった! 不器用な刈部の笑顔がどんどん増えていく様子は、母性本能をくすぐられまくった。

■最終回は鈴木亮平が激変?

 また、金條可憐を演じる木南晴夏(35)が中盤からグッと出番が増えたのも、ドラマが盛り上がる要因に。2人の仲を邪魔するかと思いきや、理解者となり、見守る展開にホッとした。彼女の気の良い世話焼き感は本当に唯一無二。あいこのストーカーだった早瀬(竜星涼/28)とのコンビも楽しく、最後はカップルになってくれないかと願っている。

 6月10日放送の第10話では、刈部が漫画を描けなくなり、11年の連載で初めて原稿を落とすという衝撃展開。同業者だからこそ心配する可憐の「読者は待ってくれない」「まりあ先生を返してちょうだい」というセリフは切なかった。

 が、これを受けSNSでは「大丈夫だよ、読者は待つよ」という温かな書き込みが多く流れた。「私もまだNANAの続きを待ってる」「私もHUNTER×HUNTER待ってる」と、休載中のお気に入りマンガと照らし合わせるコメントも……。

 回を増すごとに「現実離れ」が薄まって、妙に親近感を覚えるようになった『レンアイ漫画家』。最終回も楽しみだ。が、予告を見ると、刈部がなんとリア充パリピ化するらしい。予想のナナメ上を行く展開だが、どう間違ってもアンハッピーエンドはないはず! あいこ、カムバック!(田中稲)

関連リンク

  • 6/16 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます