世帯年収1000~1200万の声「年収1億円以上の富裕層からもっと徴税して。1000万円台が一番割りを食っている」

拡大画像を見る

「稼ぎは多ければ多いほど良い」と考える人は、少なくないはずだ。日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省)となっているが、仮にこの倍以上稼げたとしたら、どのような生活が送れるのだろうか。

北海道の30代男性(フリーランス/世帯年収1100万円)は、「日々の生活で我慢することがほとんどない」とコメントを寄せた。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「年収1000万円台の中流家庭が一番割を食らっていると感じる」

男性は余裕のある生活について「田舎暮らしなので、住居費がものすごく安い」と理由を語っている。また、料理が好きで毎日弁当を作り、水筒にお茶を入れて仕事に行くなど、自炊中心の健康的なライフスタイルを送っているようだ。

「外食は気が向いたらするが、田舎はチェーン店の様なお店しかないので、あまり行きたいと思わない。自分で作った方が美味しい」

一方で「旅行先では、思う存分外食を楽しむ」と続けた。貯金に関しては、「毎月15万~20万。積み立ての保険に8万、ボーナスから100万~150万ほど貯めている」と語るが、用途を決めておらず、思い立ったら使ってしまうため、あまり貯まっていない状況だ。

東京都の40代男性(金融業/世帯年収1200万円)は、「年収1000万円台の中流家庭が一番割を食らっていると感じる」とコメントを寄せた。高所得者の所得税率が低すぎるとし、「累進課税の上限を上げて、1億円以上稼いでいる富裕層からより徴収したほうが税収は増えると思う」と続けた。

大阪府の50代男性(フリーランス/世帯年収1200万円)は、「贅沢もせずごくごく普通の生活」だと語った。男性は共働きだが、その理由も「1人の所得では生活が苦しいので仕方なく」と綴り、共働きで収入が上がったことによる不満も多い。

「各種高校無償化等の補助が受けられないのは、不公平極まりない。無償化などの補助は所得制限をするのではなく、すべて無償化かすべて非無償化どちらかにすべき」

「共働きなので、労働時間も給料も満足」

神奈川県の40代女性(IT関連/世帯年収1100万円)は、子どもがおらず、夫婦共働きをしている。「夫婦2人で子供がいないので現在の年収には満足しています。でも妻の私の方が、年収が高いので仕事を辞めにくい」と嘆く。

女性の両親は難病を抱えているため、その治療費や介護にも頭を悩ませる。

「夫も仕事が忙しいので、二世帯分の全ての家事と介護、仕事もフルタイム+早朝勤務と残業ですでに体力の限界。両親の医療費も高額だし、子供のいない自分たちの老後も心配だしで、仕事を辞めることができないのが不満です」

千葉県の30代女性(IT関連/世帯年収1100万円)は、子どもを一人抱える共働き世帯。「もっとキリキリ働けば残業代などで年収を上げることはできそうだが、今の収入と余暇のバランスには満足している」と語り、最近では一軒家も購入した。

現在は車を所持していないが、「子供がいるので必要になるかもしれない」と不安も感じている。「今のところ家計は問題なく回っているが、子供をあと1人と考えると教育費を貯められるか、そもそも私がフルタイムで働き続けられるか不安が残る」と続けた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

関連リンク

  • 6/16 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます