大晦日こそ鶴岡八幡宮へ!心身を清める伝統行事に参加 in神奈川

拡大画像を見る

お花見、あじさい、水上花火、紅葉など、1年を通して見どころの尽きない鎌倉。もちろんお正月は初詣の人で大賑わいなのですが、今回は年越し前の大晦日に鶴岡八幡宮で行われる「大祓式」をご紹介します!


ゆったり参道を通って



鶴岡八幡宮は、国内外から大勢の観光客が訪れる鎌倉の観光名所。古くから伝わる伝統神事も数多く、色鮮やかな七夕飾りや迫力ある流鏑馬(やぶさめ)を間近で見られるチャンスもあります。
鎌倉駅東口に出たら、活気溢れる小町通りで寄り道するのも楽しいのですが、八幡宮の鳥居が正面に見える参道をゆったりと歩くのもおすすめです。


全国で行われる伝統行事



「大祓」とは、私たちが日々気づかぬうちに人を傷つけたり過ちを犯してしまった時の穢れを清めて、明るく穏やかな世の中を祈る行事です。古くから全国の神社で行われており、誰でも参加することができます。鶴岡八幡宮では年に2回、6月末と大晦日にこの大祓式が行われています。


小説「ツバキ文具店」にも登場



私が大祓に参加したきっかけは、小川糸さんの小説『ツバキ文具店』です。鎌倉で文具店を営む主人公が大祓式に参加する描写があり、伝統を大切にする暮らしぶりに憧れを抱きました。
大祓式は当日受付も可能で、1日のうちに数回行われるので、ご予定に合わせて足を運んでみてください。空気の澄んでいる午前中の回も気持ちがいいですし、年越しが迫る夕方の回も雰囲気があっていいですね。開始時刻の1時間前に向かえば十分間に合うかと思います。


1年の締めくくりに



これまで年末は何かとバタバタと過ごし、三ヶ日が過ぎてからようやく初詣に行くパターンが多かったのですが、大祓に参加するようになってからは、心にゆとりをもって新年を迎えることができるようになった気がします。1年の締めくくりの日だからこそ、大晦日も大切に過ごして、気持ちよく新年を迎えたいですね。


<スポット情報>
鶴岡八幡宮
住所: 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話: 0467-22-0315

関連リンク

  • 6/16 0:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます