築地がさらに盛り上がる!観光客・地元民が集うコミュニケーションパブが誕生

拡大画像を見る

日本有数の観光地・築地に、新たなる注目のスポットが誕生しました!その名も『TSUKIJI Baccanale TOKYO』。築地をさらに盛り上げるために誕生した“コミュニケーションクリエイティブパブ”で、地元民や観光客が一体となって交流できるようつくられたのだとか♪日々何万人もの人が訪れるエリアの“ハブ”を目指すというだけあって、なんだかワクワクする響きですよね♡早速以下でその詳細と内覧会の様子をご紹介!


誕生したのは大人の隠れ家の雰囲気漂うスタイリッシュパブ!



日々何万もの人々が行き交う日本の台所、築地。
魚河岸としての顔はもちろん、グルメ通が集う食の街としても、東銀座や勝どきエリアのワーカーの集いの場としても名が知られる土地ですが、そんな複数の魅力をまとめあげ、築地カルチャーとして世界に発信していくように生まれた素敵プロジェクトが「TSUKIJI HAKONIWA PROJECT」なんです!



今回誕生したこちらのパブ『TSUKIJI Baccanale TOKYO』は、同プロジェクトの第1弾。
ちなみに“Baccanale”(バッカナーレ)とは、イタリア語で酒と収穫の神バッカスを祀る祝祭のこと。
「どんちゃん騒ぎ」を意味し、みんなで築地を盛り上げていこうとする意図で名付けられたのだとか。


店内にはアイコンともなるビリヤード台が!




見てくださいよ、このオトナ~な雰囲気が漂う内装!
およそ“築地と言えばサカナ”の連想に似つかわしくないスタイリッシュさ!
手前のビリヤードは、ボールがビリヤード台奥のモニター内に映し出された動物と連動していて、突いたり転がったりするたびに、動物も動くという驚きの仕組み♪


内覧会にお邪魔してきました!



今回はそんな「TSUKIJI HAKONIWA PROJECT発表会」「TSUKIJI Baccanale TOKYO内覧会・懇親会」におじゃましてきました♪
雨が降る日でしたが、内覧会は盛況!

ゲストは趣向が凝らされた内装や、こだわりの料理に舌鼓を打っていましたよ♡



シェルフには、築地文化がスタイリッシュにデザインされた皿や手ぬぐいなどのアイテムがずらり。


振舞われたのは、厳選の新鮮野菜をふんだんに使った料理



関東の食の玄関・築地らしく、この日は厳選された新鮮野菜をふんだんに使った料理がお目見え!
ヘルシーで彩り豊かな料理の数々は、女性ウケも抜群◎

とうもろこしをひとかじりすれば、じゅわっと自然の甘味が口の中に広がります♪
素材の良さがシンプルに生きた味わいは、食べることそのものへのプリミティブな喜びを与えてくれるよう♡




思わず写真に収めたくなる、こうしたフォトジェニックな料理の数々は現在開発中とのこと。
お店で頂ける日が待ちきれないですよね!


ドリンクも築地の雰囲気を一新するフォトジェニックさ




『TSUKIJI Baccanale TOKYO』は男性がメインターゲットとのことですが、“デートで男性に連れて行ってもらうのも素敵だな~”と思う上品さ&フォトジェニックさ!
内装や料理もさることながら、ドリンクもこんなに彩り豊かでテンションが上がります♡

※開発中のため、実際の料理とは変わる可能性があります。


今後の築地からますます目が離せない!


いかがでしたか?
画期的なプロジェクト『TSUKIJI HAKONIWA PROJECT』が発足したことを皮切りに、今後ますます活性化していきそうな築地。
今後の発展から目が離せません!
今後のおでかけ先に、ぜひ加えてみてはいかがでしょうか!


<スポット情報>
TSUKIJI Baccanale TOKYO
住所: 東京都中央区築地4-12-5 2F
電話:

関連リンク

  • 6/16 0:38
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます