トウカイテイオー最後の産駒、キセキノテイオーが競走能力・発走調教検査に受からず

拡大画像を見る

 ホッカイドウ競馬は15日、競走能力・発走調教検査を門別競馬場で実施。6Rを受検したキセキノテイオーが、制限タイムに届かず不合格となった。

 制限タイムは1000メートルで1分9秒0。キセキノテイオーのタイムは1分10秒1で、1秒1届かなかった。

 同馬は、1993年の有馬記念などGI4勝を挙げたトウカイテイオー最後の産駒。現在7歳で競走馬デビューを目指している。

◆令和3年度能力検査 6月15日の成績(外部サイト)

(ホッカイドウ競馬のホームページより)

関連リンク

  • 6/15 22:31
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます