エリクセンが協会を通してメッセージ発表「こんな状況だけど僕は元気だ」

拡大画像を見る

 デンマークサッカー協会(DBU)は15日、公式SNSを更新し同代表MFクリスティアン・エリクセン(インテル/イタリア)からのメッセージを発表した。

 エリクセンは12日に行われたEURO2020・グループB第1節デンマーク対フィンランドに先発出場。同選手は試合途中の40分頃、意識を失って突然ピッチに倒れ込み、ピッチ上で心臓マッサージなどの処置を受けた。

 DBUは、同選手はコペンハーゲン市内の病院に搬送され、現在は容態が安定しており、意識もあって会話が行える状態だと発表していた。

 今回DBUは公式ツイッターを更新し、エリクセンの写真とともに同選手からのメッセージを発表。エリクセンは世界中から届いたメッセージに感謝をつづっている。

「やあみんな。世界中から届いた素晴らしく驚くべきメッセージやお見舞いに感謝している。僕も家族も励まされたよ。こんな状況だけど僕は元気だ。まだ病院でいくつか検査を受けなければならないみたいだけど大丈夫だよ。いまは次の試合に臨むデンマーク代表の選手たちを応援している。デンマークのために祈っている。ベストを! クリスティアン」

関連リンク

  • 6/15 17:10
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます