【マルキン醤油記念館】風情ある屋根の下で学んで!食べて!

拡大画像を見る

小豆島のマルキン醤油記念館では、100年以上前に建てられた蔵で、マルキン醤油に資料や昔の醤油づくりの道具が展示してあります。
国の登録有形文化財にのなっており、日本人に昔から馴染み深い醤油の歴史を是非ご覧になって下さい♪


〜マルキン醤油のあゆみ〜




記念館に入るとまず、”マルキン醤油のあゆみ”をみることができます。パネルを使って醤油ができるまでが分かりやすく紹介されています。
道に沿って進んで行き大こがの中を通ると、江戸時代の醤油作り世界にタイムスリップします♪
昔は唐箕(とうみ)で良い小麦をより分け、甑(こしき)で大豆を蒸し、焙烙(ほうろく)で小麦を煎って作られます。
この大こがから出来上がった醤油を詰めるこがまで、マルキンの職人が作っていたそうです。


2m以上の大こがを体験してみよう!



もろみをかき混ぜるに櫂棒(かいぼう)実際に触れることができます。
こんな重い櫂棒を実際に使っていたなんで、大変そう…。
かき混ぜた後、この大こがで約1年間もろみを寝かせ熟成させます。


 こうじ室の創りを知ろう!




実際のこうじ室が窓から覗けます!
2階の床に空けられた穴は換気口の役目をしており、1階と2階の温度と湿度調節を行っております。
このような作りのこうじ室は小豆島独特のもので、こうじ菌の繁殖に最適な環境を保つ構造となっているそうです!


名物醤油ソフト!




お隣の物産館では大人気の『醤油ソフト』¥300(税込)が食べられます。見た目は炭のような色で、やっぱり醤油の香り…。
甘いソフトクリームとかけ離れていて最初は、口に入れるのに少し躊躇してしまいましたが、食べて見たらさっぱりしていてとっても美味しい!初めて食べる味でしたが病みつきになりそうです!
他にも、お醤油のお煎餅や小豆島のお土産も販売されてましたよ♡


醤油の歴史はいかがでしたででしょうか♪



マルキン醤油記念館はいかがでしたでしょうか♪
ちなみにマルキンマークは、マルキン醤油株式会社創立時に金刀比羅宮の御紋章からいただいたものだそうです!
お醤油は土地によっても違いがあり必然的に料理の味も左右されるため、醤油選びはとても重要ですね♪


<スポット情報>
マルキン醤油記念館 売店
住所: 香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850 マルキン醤油記念館 物産館
電話: 0879-82-0047

関連リンク

  • 6/15 21:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます