身に覚えあり?【初めての彼氏】にやりがちな失敗って?

拡大画像を見る

誰でも「初めて」はたくさんの失敗をするものです。不慣れだからこそ、たくさん失敗をして、その時は恥ずかしくても数年後には良い思い出になっているということもあるでしょう。若い頃の失敗は、お酒の席で定番の話になるケースもあります。では、多くの人が初めての彼氏にやりがちな失敗には、どんなものがあるのでしょうか。


最初のイベントのプレゼントが高価すぎる

付き合っていると、クリスマスやバレンタインにプレゼント交換をするのは自然なことです。長く付き合っていると、大体年齢によって相場が分かってくるものですが、初めての彼氏の場合はそういった相場も分かりません。
そのため、相手に良く思われたい、がっかりされたくない、喜ばせたいという気持ちで高価すぎるプレゼントを渡すこともあります。そのせいで、逆に相手に引かれてしまうこともあるでしょう。


尽くしすぎて捨てられる

初めての彼氏に対して加減が分からないのはプレゼントだけではありません。イベントに限らず、普段の生活でも彼氏に尽くしすぎてしまい捨てられてしまうこともあります。
頼まれていないのにモーニングコールをしたり、常にLINEをして彼の心配をしたりするのは、「あるある」な失敗です。初めての彼氏だからといって、尽くしすぎる、程よい距離感を意識しなければなりません。


将来の話をしすぎる

初めての彼氏ができる年齢は人によって違いますが、誰も「どうせ若いうちだけの付き合いで、いずれ別れる」と考えて付き合う人はいません。最初はそれほど意識していなくても、どんどん将来を考えるのは自然なことです。
しかし初めての彼氏の場合、浮かれすぎて付き合ってすぐに「絶対に結婚しようね」や「子どもは何人ほしい?」のような話題を出しすぎてしまいます。その結果、彼氏に重いと思われてフラれることもあるでしょう。特に中学生~高校生くらいで初めての彼氏ができた人にありがちな失敗です。


恥ずかしい恋の失敗もいつかは良い思い出になる!

経験したばかりの頃は、今すぐ記憶を捨て去りたいくらい恥ずかしい思い出になる失敗もあるでしょう。しかし、そうした失敗も、いつかは若い頃の良い思い出になるはずです。あまり黒歴史になることを怖がらず、自分の思い通りに行動すると良いでしょう。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/15 22:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます