まるで大塚家具!?「紳士服のはるやま」で”姉弟ゲンカ”勃発

拡大画像を見る

 在宅のテレワークにリモート会議、就活もリモートで出入学式は取りやめと、スーツを着ない社会を到来させたコロナ禍で、その煽りをモロに食らった業界の1つが紳士服業界。そんな危機にも関わらず、いや、そんな危機だからこそ勃発したのかもしれないのが、西日本で広く「紳士服のはるやま」を展開するはるやまホールディングスで前代未聞の騒動だ。

「なにしろ6月29日開催予定の定時株主総会を間近にして、創業家の姉が実弟の現社長を取締役に選任しないように株主に『お願い』の手紙を発送。その文面がネットにもアップされ、“公開家族ケンカ”の様相をていしているのです」(経済ジャーナリスト)

 同社はこの春にテレビCMで乃木坂48を起用。「私たちが今、本当に欲しいのは自分に自信が持てる一着」と、フレッシュマン向けにアピールしたので若者にも馴染みがあるだろう。ところが、上記のような騒動が家族内で起きているのだから、本当に欲しいのは「人の輪」なのではないか。株主に送付された文面にはこうある。

「弟は、自分に意見する社員は、左遷・退職に追い込む事を繰り返しております」「弟のせいで、これ以上、社員から犠牲者が出るのは耐えられません」

 21年3月期は売上高で前期比を23%も下回り、黒字が赤字に転落してしまったのだから、本来ならばモメている場合ではないのだが。

 同社の社長は創業家の後継ぎの治山正史氏。今回の「お願い」は正史氏の実の姉の名で出されているが、実は創業家の総意でもあるようだ。

「実は昨年の総会でも正史氏の解任動議が、創業者である正次氏や実姉、叔父などの大株主から出されたんです。その時は51対49という、まさに正史氏側のかろうじての勝利で終わりましたが、有効な対策が打ち出せないままコロナで会社はさらに悪化しましたから今回はどうなるか」(前出・ジャーナリスト)

 文章にはこうもある。

「弟を入れない取締役体制の構築が、会社再建の第一歩です」

 騒動を受けネットには《次は匠はるやまができるのか》などと、大塚家具のお家騒動になぞらえて揶揄するコメントもでている。世の中はワクチン接種のスピードアップが求められているが、同社の場合、さらに別のカンフル剤が必要なようで。


(猫間滋)

関連リンク

  • 6/15 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます