King & Prince、レーベルが仕掛ける世界戦略に疑問の声…“絵に書いたモチ”となるか?

拡大画像を見る

 人気グループ嵐の活動休止にTOKIO長瀬智也の退所、ジャニーズJr.に導入された“22歳定年制”。そしてここに来ての“長男”の近藤真彦の離脱など近年は何かと話題の多いジャニーズ事務所。

 SMAPの解散以降、事務所の屋台骨を支え続けてきたドル箱グループ嵐の活動休止の経済的なダメージは端から見ても大きそうだが、それに加えて“ポスト嵐”ともいうべき新たな看板グループの育成に手こずっているという声も多い。

「先日も知念侑李さんにトラウデン直美さんのと熱愛報道がありましたが、かつては“ポスト嵐”の最右翼と目されたHey! Say! JUMPも度重なるメンバーの女性スキャンダルなどもあり、グループ結成当時に期待されたほどの存在感は放てていないのが実状。同じく“ポスト嵐”の期待も大きかったSexy Zoneも正直、一時期に比べると勢いが落ちている印象もぬぐえません」とはスポーツ紙の芸能担当デスク。

 無論、両グループとも数多くのファンを抱える人気グループであることは間違いないが、業界内からこうした声が出るのもそれだけ偉大なる先輩の嵐の壁は高いということだろう。

そうした中、ここに来てますます業界内の注目度が高まっているのが、King & Princeだろう。

「近年、ジャニーズ事務所と最も蜜月な関係を築いている日本テレビが今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーに決めましたが、同局ではゴールデン・プライムタイムのレギュラー番組も検討しているようです。それに少し前にはメンバーの神宮寺勇太さんが“紀州のドン・ファン”こと実業家の野崎幸助さんを殺害した罪などで起訴された元妻の須藤早貴被告から、同じマンションに住まわれるなどのストーカー被害に遭っていたことが話題になりました。ファンからは心配する声があがる一方、結果的には改めて神宮寺さんやキンプリの人気の高さが浮き彫りになった格好です」(同スポーツ紙の芸能担当デスク)

 そんなキンプリといえば、故ジャニー喜多川前社長が生涯最後にデビューさせたグループであるとともにジャニーズ事務所と、それまで同事務所と距離を置いていた大手レコード会社のユニバーサルミュージックが初のタッグを組み、新レーベル「Johnnys’Universe(ジャニーズ・ユニバース)」からCDデビューしたことで知られている。
 
 デビュー当初は、外資系レコード会社からデビューした背景として世界戦略が噂されていたが、そちらに関してはこんな意見も……。

「確かにデビュー前にユニバーサルミュージックの幹部からはそうした口説き文句もあったようですし、海外進出が目標の一つであったことは確かですが、最近はそこまで世界を意識している雰囲気ではないですね。折からのコロナ禍もありますし、そもそもメンバーたちが語学を本格的に勉強しているという話も聞いたことがないですからね」(音楽業界関係者)

 “ポスト嵐”の筆頭としてしばらくは国内でのさらなる飛躍に注力するようである。

  • 6/15 13:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます