転売ヤーが目をつけた「食玩」。再販がないので市場価格が上がり続ける

拡大画像を見る

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

◆転売ヤーに抱く嫌悪感

 転売と言うと嫌悪感を抱く人も少なくないのではないか。昨年はコロナによる巣ごもり需要も有り、Nintendo Switchの転売が世間を賑わせた事は記憶に新しい。昨年末から続くPlayStation5の転売に辟易している人もいる事だろう。

 購入できれば高額で転売できるということも有り、いまだにゲーム機や高額転売品を求めている人も多いが、稼ぐ転売ヤーは更に次のステージに目を向けている。

 秋葉原・新宿エリアで活躍する転売屋グループの主な稼ぎ頭はコロナ前と変わらず「フィギュア」や「ホビー用品」だという。ゲーム機などは確かに魅力的な転売商品だが、抽選販売や複数購入、再購入が非常に厳しいのでメリットが薄い。これに対してフィギュアや普通のホビーは複数購入も可能だし、買占めも可能だという。

 イベントや通販限定で販売される限定品も転売対象だが、コロナで時間が余っている層や金欠で少しでも稼ごうと言う層が増えた今では旨味が少ないので、これらはあくまでも転売商品のうちの一つに過ぎない様だ。

◆ゲーセンに続く主戦場は「食玩」

 そもそも、限定品などは転売屋やショップなど身内同士で値段を釣り上げる方法が常套手段。昨今の「ポケモンカード」の高額転売も転売屋同士の結託により値段が大幅につり上がっていると彼らは言う。

 値段を転売屋やショップが操作し、つり上げるだけでまとめサイト等が「高額で売れるカードはこれだ」などと掲載してくれるので、一般人もあぶく銭を求めて参入し、結果的につり上げ価格が正当化され、さらなる価格高騰も見られる。

 そんな彼らが現在主戦場にしている転売アイテムはスーパーやコンビニエンスストアでも購入が可能な「食玩」は、数百円~数千円と幅広い価格帯で販売されているおまけ付きお菓子。(まあお菓子よりもおまけのほうがメインなんですけどね)特に「ガンダム」や「仮面ライダー」などは幅広い層に人気でコレクターも多く複数購入も当たり前の世界。

◆転売価格が上がるメカニズム

 食玩は毎週のように新製品が販売され、人気キャラクターからマニアックなキャラクターまで様々な製品がラインナップされている。さらに、食玩はよほどの事が無い限り再販は行われないので値段が上がり続ける製品も多いようだ。

 今では大人買いパッケージなども販売されており、1BOX購入すれば全種類揃う仕組みで販売されている物もあるが、基本は通常BOXで入荷してバラ売りされる仕組み。この通常BOXにはアソート数が決められており、極端に個数が少なくなる製品もある。

 人気アイテムやマニアックアイテム問わず、この極端にアソート数の少ないアイテムが大きく値段が跳ね上がる傾向にあり、なので転売屋は発売日にアソート数の少ない製品を購入、市場から製品が消えると高額転売が始まる。

 ただし、高額とは言っても定価の数倍程度なので薄利多売がメインの様だ。転売価格変動は販売直後、一瞬だけ高額になり、しばらくは価格が迷走する。店頭から完全に消えると徐々に値段が上がっていくという。

◆鬼滅、呪術廻戦の市場人気は?

 販売時にはAmazonFBA等を利用し、発送作業を楽にしたり懇意にしているショップに卸したりと状況により様々。最近では梱包の手間は増えるが、メルカリやヤフオク!を使って転売する事も多々あるという。

 男性向けコンテンツ以外にも、女性向けコンテンツや児童向けコンテンツとあらゆる製品が食玩にはラインナップされている。

「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」など男女問わず人気のシリーズでは製品数も多く、旬がすぎれば売れなくなってしまうので見極めが重要とも。張り切って仕入れたは良いが、店頭での投げ売りが始まり、含み損になる状態もあるという。特に新規参入の転売屋がこの状態にハマりやすいとも彼らは言う。

 一番くじや食玩などコンビニエンスストアで購入できる物は殆どが転売可能とも言える現代。気になる人は転売の動向を注視してみてはどうだろうか。

<取材・文/板倉正道>

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

【板倉正道】
テクニカルライター。三才ブックスのマニア誌『ラジオライフ』にてガジェットや分解記事を執筆。買ったら使用前に分解するのがライフワーク

関連リンク

  • 6/15 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます