パナソニックのノートPC「Let's note FV1」 夏モデル3シリーズ

拡大画像を見る

パナソニックは、ノートパソコン「Let's note(レッツノート)」シリーズから、2021年夏モデル「FV1」など全3シリーズを21年6月18日から順次発売する。

ウェブ会議対応の各種機能を実装

いずれも第11世代インテル「Core i7/i5」プロセッサー(CPU)を搭載したほか、データの読み書きを高速化するというPCIe SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を採用する。OSは「Windows 10 Pro」(64ビット)をプレインストールする。

CPUのパフォーマンス最大化を目指したという独自設計「Maxperformer」を採用。放熱設計と適切な電力制御チューニングによりパフォーマンスを高く保ちパワーが持続し、負荷のかかる作業も快適に行える。

ウェブ会議で人の声が聞き取りやすい「COMFORTALK(コンフォトーク)」、音響効果ソフト「Waves MaxxAudio」を搭載。インテル「GNA」対応のAI(人工知能)ノイズ除去を実装し、タイピング音やサイレンなどのノイズを聞き分けて低減する。

「FV1」シリーズは、横幅が一般的な13.3型モデルとほぼ同サイズながら、縦長のコンテンツやA判の資料が見やすいという縦横比3:2の14.0型QHD(2160×1440ドット)液晶ディスプレーを搭載。大画面ながら持ち運びしやすいコンパクトな設計。

音圧の高いボックス型スピーカーの採用により、人の声の聞き取りやすさが向上した。

キーストローク2ミリで、暗所でも入力のしやすいバックライトキーボード、従来モデルと比べ面積が約2.2倍だという64ミリ径の大型ホイールパッドを装備する。

USB Power Delivery、Thnderbolt 4テクノロジー対応のUSB 3.1 Type-C×2ポートを備える。CPUやメモリー、内蔵ストレージ容量などの異なる4モデルを用意する。

このほか、12.1型WUXGA(1920×1200ドット)液晶ディスプレー搭載「SV1」4モデル、12.0型WQXGA+(2880×1920ドット)液晶ディスプレー搭載「QV1」3モデルをラインアップする。

いずれも価格はオープン。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/15 15:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます