品川ヒロシ監督「この子しかいない!」主演EMILYと真剣に向き合う『リスタート』メイキング写真

拡大画像を見る

『ドロップ』『漫才ギャング』の品川ヒロシが監督を務める映画『リスタート』現場の様子を少し覗くことができるメイキング写真が公開された。



本作は、品川監督が自身初の女性主人公で描く希望の物語。何気なく視聴していたTV番組に出演していたEMILY(「HONEBONE」)を見て、「この子しかいない!」と、今回主演に抜擢したという品川監督。

EMILYさんもそんな期待に応え、自然体の芝居と圧巻の歌声を披露。しかし、オファー当初は、初めての演技が映画の主演ということに不安も大きかったようだが、品川監督は「迷ったらいつでも連絡してきてね」と声をかけたそうで、彼女は昼夜問わず相談をしたという。

また撮影現場でもキャストと正面から真剣に向き合っていた品川監督。EMILYさんがセリフで気になるところを質問したことをきっかけに、言い回しが変更になったこともあったとか。全身全霊で作り上げられた本作ゆえ、クランクアップの際には「自分の映画でこんなに泣いたことない!」と品川監督は涙が止まらなかったという。

今回公開されたメイキング写真では、そんなEMILYさんと主人公を支える同級生役のSWAY(「DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE」)、それぞれと真剣に話し演出する姿が公開。


さらに、主人公の父役で出演する中野英雄との楽しそうな2ショットも到着した。


『リスタート』は7月16日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほか全国にて公開(7月9日、北海道地区先行公開)。

(cinemacafe.net)


■関連作品:
リスタート 2021年7月16日より全国にて公開
(C)吉本興業

関連リンク

  • 6/15 14:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます