専門家に聞いた!紫外線の正しい知識と効果的なUVケア

拡大画像を見る

緑が鮮やかな季節となり、心地よい陽気の日が増えた。一方でふりそそぐ紫外線は強くなり、対策をはじめている人も多いだろう。「教えて!goo」にも「紫外線は、服を通過するのでしょうか?」という疑問が寄せられている。そこで、紫外線や熱中症対策のグッズを販売するホワイトビューティー株式会社の和田真喜子さんに、紫外線が身体へもたらす影響や効果的なUVケアについて話を聞いた。

■過度な紫外線は身体への害も


夏場でもつい日焼け止めを塗り忘れ、後悔したことはないだろうか。そもそもなぜ紫外線によって肌が荒れるのか、そのメカニズムを聞いた。

「紫外線から肌を守るためにメラニンが生成され、それが滞留してシミとなります。それにより、肌のハリやうるおいを守るコラーゲンやエラスチンなどの組織が破壊され、変性してシワができます。髪の毛や地肌への影響も大きく、抜け毛や白髪、枝毛が生まれ、パサつきの原因にもなります」(和田さん)

紫外線は過度に浴びると、美容に限らず身体へ害をもたらす可能性もあるとか。

「紫外線は肌表面の細胞を傷つけ、炎症や水ぶくれを引き起こします。さらに、免疫が低下することで、肌疾患の原因となる可能性もあります。最近の研究では、目の角膜を傷つけたり、水晶体のにごりの原因にもなることが分かってきました」(和田さん)

美容のためUVケアに力を入れている女性は多いが、男性は日焼け止めを使わない人も多い。そのような人は健康の観点からも念入りな対策が必要とのこと。

■室内にいても紫外線は届く


直射日光を浴びないことが紫外線対策だと思っている人もいるが、それは大きな間違いだと和田さんは指摘する。

「日陰でも、空気中で散乱する『散乱光』や地面や建物に反射する『反射光』を通し、紫外線は届きます。雲も紫外線を通すため、曇りの日も対策は必要です。紫外線は目には見えない波長で、室内にも到達しています」(和田さん)

では、どのような対策が有効なのか。おすすめのUVケアを教えてもらった。
  
「紫外線の強い時期は、屋内でも日焼け止めを塗りましょう。SPFやPAの指数が強いものは肌に負担がかかるため、弱いものを数回塗り直すのがおすすめです」(和田さん)

外出するときは肌の露出部を覆うカバーを身につけることで、より高い効果が期待できるという。

「UVカット率95%以上で、洗濯してもUVカット効果が落ちない生地のカバーをえらびましょう。サングラスやアームカバー、フェイスカバーなど身体の部位を守るUVケアグッズは種類豊富でいろいろなものが販売されていますよ」(和田さん)

UVカット率100%の日傘をさしていても、実際にはあらゆる方面から紫外線を浴びている。日焼け止めとUVケアグッズ、どれかひとつだけを使用するのではなく、複数を併せることで紫外線対策は完成する。日焼け止めクリームしか試したことがないという人は、新たなUVケアグッズを試してみてはいかがだろう。

●専門家プロフィール:ホワイトビューティー株式会社
「皆さまに喜んでいただきたい」という思いからフェイスカバーやアームカバーなどのオリジナル紫外線・熱中症対策グッズを企画、制作。こだわりの素材を使い、使いやすいアイテムを研究・開発している。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

関連リンク

  • 6/15 11:50
  • 教えて!gooウォッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます