木村拓哉、EXITは「イグズィ」!!玉石混交の“キムリブ”がスマッシュヒット!

拡大画像を見る

 6月14日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・EXITが出演した。

 EXITと言えば、彼らがゲスト出演した3月14日放送の木村拓哉(48)のラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM)で、木村がEXITの“最高顧問”に就任し話題となったばかり。番組では、そんな木村とのエピソードが語られた。

「りんたろー。(35)は、おこがましさを感じて連絡先交換をためらっていたところ、“ラジオが終わったあとに、(木村が)携帯出して、『登録しといて』って”と、木村から交換を持ち出してくれたとのエピソードを披露。また、兼近大樹(30)は、親以外から唯一“大樹”と呼んでくれるのが木村だとの話もしていました。

 また、りんたろー。は、“俺らは『イグジット』だと思って活動してたんですけど、木村さんは俺らのこと『イグズィ』って。かなりネイティブな発音でコンビ名を呼んでくれる”と話していましたね」(テレビ誌ライター)

 ネイティブかどうかは疑問の残るところだが、独特すぎる木村によるEXITの“『イグズィ』呼び”。視聴者からは「木村くんのEXITのイグズィ呼びめっちゃ面白いわ」「キムタクのイグズィおもしろ過ぎる笑笑」「これからイグズィって呼ぶね」といった反応がSNSに寄せられている。

■マクドナルドのCMソングは“キムリブ”否定も……

 今回の木村の“『イグズィ』呼び”について女性誌記者は、

「『イグズィ』は木村のアドリブ、いわゆる“キムリブ”でしょう。以前から、CMやドラマでキムリブは炸裂してきましたからね」

 と話し、こう続ける。

「木村は、2020年1月からマクドナルドのCMに出演しているのですが、そこで人さし指と中指をバンズの上に乗せてハンバーガーを握る持ち方をし、これがネット上で“キムタク持ち”と話題に。2020年10月から流れたCMでは、木村が持ち方を意識して、“これ、オレの持ち方なの”とアドリブを入れること場面もあったそうです。

 また、2020年7月から放送された『ちょいマック「ドライブスルーの歌」篇』で木村は、“ドライブスルーでちょいマック〜”との歌を披露。“あの歌は頭に残るね~”“変な歌で一気に無理になった”とSNSで賛否が起きたものの、話題になりました。木村は、昨年7月の『木村拓哉 Flow』で、“あのドライブスルーの歌はですね、アドリブではありません!”と否定していたものの、独特なセンスは木村らしさを感じますし、やっぱり本当のところはアドリブなんじゃないか、と疑う声はありましたね」

■今回のキムリブは大当たり!?

 2019年10月期間に放送された木村主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)でも、木村のポーズに注目が集まった。

「木村は作中で、3を指で表現するとき、中指、薬指、小指を立てていたのですが、“3の出し方が、もうキムタクだなって。笑っちゃった”などとネット上で話題になりました。この“三ツ星ポーズ”はドラマの象徴するポーズの1つと言えますし、当たり“キムリブ”の1つと言えるのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

“キムリブ”は放送で使われるもの以外にもあるようで、2020年1月15日付の日本マクドナルドのニュースリリースによると、木村は『ちょいマック登場「言い訳」篇』の撮影で、カメラを回すたびに異なるアドリブを披露。実際に放送されたCMには使われなかったものの「リピートアフターミー。『ちょいマック』!」とのアドリブも披露していたという。

「撮影中にだけ披露されたものも含めたら、けっこうな数の“キムリブ”がありそうですね。今回、EXITが明かした“『イグズィ』呼び”は、笑っている人も多いですが、好意的に受け止める意見がかなり多いですし、スマッシュヒットとなった“キムリブ”と言えるではないでしょうか」(前同)

 油断した頃に新たな“キムリブ”を投下し、話題を提供してくれる木村。これからも、独特でカッコイイセンスを見せつけてほしい!

関連リンク

  • 6/15 11:43
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます