彼氏の親友にお披露目されたときの無難な振る舞い9パターン

付き合い始めたばかりの彼氏が、あなたを紹介するために親友に会わせてくれたとします。そんなシーンで重要なのは、相手にほどよく好印象を与えることではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「彼氏の親友にお披露目されたときの無難な振る舞い」をご紹介します。

【1】「はじめまして」とごく普通に挨拶する
「奇をてらうより、とりあえず礼儀正しくするのが基本!」(20代女性)というように、礼儀正しく接して「ちゃんとした子だな」と思わせるパターンです。食事会など、前もって紹介されることがわかっている場合は、服装も清潔感を第一にまとめておくのが理想的でしょう。

【2】「○○って呼んでください」と親しみやすさを演出する
「初対面だと相手の呼び名って迷うポイントだったりするので」(10代女性)など、コミュニケーションを滑らかにするために、みずから呼び方をリクエストするパターンです。彼氏の親友ともあだ名で呼び合う関係になれたら、「仲間の輪」に入れてもらったも同然でしょう。

【3】「仲良くしていただけたらうれしいです…」と恥ずかしそうにお願いする
「初対面ではあくまでもおしとやかな女性を演出します」(20代女性)というように、下手に出て好印象を与えるパターンです。徐々に素の自分を出していき、仲良くなったのちに、「お前あのとき、別人みたいだったな」と笑われるのもまた一興かもしれません。

【4】「お噂はかねがね聞いています」と事前に彼氏と話題にしていたことを匂わせる
「自分のことを話題にされていたと知れば、イヤな気はしないはず」(20代女性)というように、ある程度の人物像をすでに把握していることを伝えて一気に距離を縮めるパターンです。彼氏と親友との鉄板エピソードを押さえておくと、会話も適度に膨らむでしょう。

【5】「いつからのお付き合いなんでしたっけ…?」と彼氏との歴史を再確認する
「『中学の同級生』でも『会社の同期』でもなんでもいいから、知り合ったきっかけを聞けば会話の糸口になる」(20代女性)というように、彼氏と親友との関係に興味があることを示すパターンです。ひととおり聞いたあとで、「へえ、その頃にお会いしたかったですね」と加えれば、フォローも完ぺきでしょう。

【6】「喧嘩したことってあります?」と二人の仲良しエピソードを掘り下げる
「親友同士だからこそ、『喧嘩するほど仲がいい』的なエピソードがありそう」(10代女性)など、あえて喧嘩の話を聞き出すことで二人の絆を再確認させるパターンです。「やっぱり女同士と違って、さらっとしてるんですね」といったコメントも気が利いていてよさそうです。

【7】「ところで、お仕事は何を…?」と相手の情報にも興味を示す
「どんな仕事でも、そこから話が広がる可能性は高いと思います」(20代女性)というように、職業を聞くことで、相手に関する話題を展開するパターンです。「ご出張は多いんですか?」などと上手に質問を挟んで、話しやすいムードを作りましょう。

【8】「私の知らない一面を教えてくださいね」と彼氏への愛情をあらわにする
「男と女では付き合い方が違うので、意外な一面を知ることができるかも」(10代女性)というように、彼氏への愛情を匂わせながら、情報提供をお願いするパターンです。元カノ話などを知りたいのであれば、「私、過去の恋愛は気にしないタイプなんです」と一言添えるといいでしょう。

【9】「これからどうぞよろしくお願いします」と謙虚に頭を下げる
「『あなたとも、ちゃんとした関係を築きたい』って意志を伝えます」(20代女性)というように、彼氏とだけでなく、彼氏の親友ともしっかり向き合う姿勢を見せることで、信頼を得るパターンです。真剣に交際していることが伝われば、何かトラブルが起きたときにも助けてもらえるかもしれません。

自分の彼女を親友からほめられて嬉しいのは、どんな男性にも共通する感情です。初対面で面白いことを言う必要はないので、あくまでも無難な振る舞いを心がけましょう。(石原たきび)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/15 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます