56歳になった元祖・美少女子役。娘との2ショットがまるで姉妹

拡大画像を見る

 幼い頃よりモデルや子役として活躍し、絶世の美少女として一世風靡したブルック・シールズ。56歳になった今でも、SNSでゴージャスなビキニ姿を披露して話題になるなど、その美貌はいまだ健在だ。私生活では娘2人のママでもあるブルック、このたび高校を間もなく卒業する長女のドレス姿をSNSに投稿した。

◆思い出の赤いドレスを愛娘が着用

 元プロテニス選手のアンドレ・アガシと離婚後、TVプロデューサーと再婚し、2人の娘に恵まれたブルック。

 今では愛娘たちもすっかり大きくなり、つい先日には18歳の長女ローワンがプロム(アメリカで卒業を目前にした高校生のために開かれるダンスパーティー)に参加したことをSNSで報告した。

 インスタグラムに投稿された当日の写真を見ると、真っ赤なドレスを着用したローワンの横で、ブルックが感無量の表情を浮かべていることがわかる。

 それもそのはず。この真っ赤なドレスは、自身が1998年のゴールデン・グローブ賞の授賞式で着た衣装なのだ。ブルックは、このとき主演ドラマ『ブルック・シールズのハロー! スーザン』で最優秀女優賞にノミネートされ、このドレスを着て授賞式に出席。残念ながら受賞は逃したものの、本人にとっては特別な一夜になったようで、そのときの衣装をずっと大切にしてきたそうだ。

◆「ママは誇らしいわ!」

 そんな特別な思いが詰まったドレスを愛娘が着ている姿を見て、感激しきりのブルック。インスタにこうコメントしている。

1998年にゴールデン・グローブ賞でノミネートされていた私は、このドレスを着用した。あれは特別な夜だった。でも、プロムでこれを着たわが娘の姿を見ることになるとは。ママは誇らしいわ!

 この写真は反響を呼び、ファンや知人たちからは「なんて素敵なの!」「魔法みたい」といった声が続々寄せられた。

 ブルックの友人であるモデルのヘレナ・クリステンセンも「あなたの美しくて、愉快で、賢い娘さんへ、おめでとう!」とコメント。また女優のデブラ・メッシングは「とっても特別なことね! あの夜、あなたがそれを着ていたのを覚えているわ! そして今、美しいお嬢さんがドレスにまつわる新たな思い出を重ねてくれてるのね」とお祝いのメッセージを投稿している。

◆ステージママに売り出されて10代で大ブレーク

 ブルックは、生後1歳にも満たないうちに芸能界デビュー。企業広告の子供モデルとしてキャリアをスタートさせ、のちに子役としても活動するようになった。絶世の美少女として注目を浴びるようになったが、10歳を過ぎたころからヌード写真を撮ったり、映画でヌードシーンがある娼婦役を演じたりして、物議を醸した

 15歳の時には、出演した映画『青い珊瑚礁』『エンドレス・ラブ』が連続でヒットし、一躍大スターとなった。

 こうした活躍の背景には、ブルックの母テリーさんの存在が大きかったといわれている。しかし、まだ小さい娘にヌードシーンを演じさせたテリーさんを冷ややかな目で見る人は多く、「業界に娘を売った」「娘を利用している」などとバッシングされた。

 若い頃は母親の言う通りにしていたブルックだったが、20代になると母娘の関係に亀裂が生じるように。アルコール依存症だったテリーさんに嫌気がさして、距離を置くようになったというが、母との歪んだ関係性によって自信を失った時期もあったようだ。

◆自分の見た目に自信を持っている娘たちに嫉妬

「私の母は酔っ払っては、『その大きなお尻をあっちへやって』と言っていたから、そう思い込んでいたのよ」

 母親からの言葉が原因で、コンプレックスを感じるようになったというブルック。自分の娘達が、体型や見た目に自信を持っていることに嫉妬することさえあったようだ。

娘たちは私よりもはるかに成熟していて、自分の身体に自信を持っているわ

私と同じように頑固さや強さも持っているけど、もっと上手く適応している。私はそれにものすごく嫉妬してしまうの

 けれども、そんな体型のコンプレックスを克服させてくれたのも、娘たちだったそうだ。かつて水着を着る時には、ダボっとしたワンピースを着て体を隠していたそうだが、あるとき娘たちから「ママ、なんかおかしい」と言われたそうだ。そして「隠すよりも、体を見せたほうがいいよ」と娘たちから言われたことで、一念発起してエクササイズに励むように。

 そんなブルックは、50代とは思えぬ美ボディをキープし、SNSでたびたび美しいビキニ姿を披露している。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 6/15 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます