中距離恋愛だってつらい!試練を乗り越えて「結婚」する方法って?

拡大画像を見る

新幹線や飛行機を使わずに片道3時間程度、お互いに同棲しても仕事を辞めずになんとかなる程度の距離に住むカップルを「中距離恋愛」と考える人は多いようです。
なかなか会えないとはいえ、全く会えないわけではないため結婚への決意が固まりづらいという人も少なくはありません。
そんな中距離恋愛を成功させるためにはどうすれば良いのか、将来的に結婚したい人は早めに考えてみましょう。


週末同棲を継続する

頻繁に会っても苦にはならない距離に住む中距離恋愛のため、週末はどちらかの家でお泊まりデートをするという人たちは多いでしょう。そうした週末同棲は、できる限り継続するのがおすすめです。
週末同棲でお互いに生活習慣が分かる分、結婚に対しても前向きに考えられるでしょう。「一緒にいてもストレスがないし、通うのは大変だし」ということでプロポーズも切り出しやすくなります。


結婚への障害を明確にする

お互いに職場近くに住んでいるのであれば、結婚後も仕事を続けることができるため結婚に対する障害はそれほどないように思われます。しかし、それでも結婚の話が出ないのであれば、なぜ出ないのかを明確にしましょう。
付き合った期間が短いからなのか、それともどちらかに問題があるのか、そうした原因を解消しなければ結婚の話も進めづらくなります。なぜ結婚の話が出ないのか、出てもはぐらかされるのかはしっかり確認するようにしてください。


将来のビジョンを統一する

将来的にどのように2人の関係を進めたいか、中距離恋愛であるからこそ統一しておきましょう。
遠距離恋愛とは違い「結婚しなくても一緒にいられる」となってしまいがちな中距離恋愛は、いわゆる長すぎる春になってしまう恐れがあります。彼に結婚願望があるのか、何歳くらいで結婚したいと考えているのかは折に触れて話し合っておくのがおすすめです。


結婚したいなら早めに動くのがおすすめ!

近距離恋愛よりは結婚に対して前向きになりやすい中距離恋愛ですが、油断していると都合の良い関係に落ち着いてしまう恐れがあります。
結婚願望がある人は、彼からの行動を待たずに自分でも積極的に動いていきましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/15 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます