久慈暁子アナ、絶体絶命!ドラ1と破局・ステマ・後輩に惨敗に加え「さんま共演NG」!?

拡大画像を見る

 6月13日の日刊スポーツが、フジテレビの久慈暁子アナウンサー(26)と、プロ野球ヤクルトスワローズの原樹理投手(27)が破局していたと報じた。

 2人は2019年5月、週刊誌にツーショットや、久慈アナが原投手の登板試合を神宮球場で観戦する姿が報じられて交際が発覚。ところが、2人とも多忙な時間が多く、すれ違いが原因で今年に入って破局したという。

「最近ではフジテレビOGの加藤綾子(36)が結婚を発表し、鈴木唯アナ(27)と岡田将生(31)の真剣交際などハッピーな話題が多く、もしかしたら久慈アナも結婚を意識していたかもしれませんが、破局を迎えてしまったということですよね」(芸能記者)

 原投手は2015年のドラフト1位でヤクルトに入団。将来のエース候補として期待されていたが、右肩のケガなどに苦しんで2019年は3勝、2020年は2勝と振るわず、今シーズンは2軍での活動に甘んじている。

「久慈アナが悪いわけではないでしょうが、原投手に対しては“恋愛にかまけているから……”という批判もありましたからね。

 一方の久慈アナも、ここ最近は思ったような活躍ができていないという評価です。『めざましテレビ』(フジテレビ系)のメインキャスターにも、1年後輩の井上清華アナ(26)が起用され、“追い抜かれた”とも言われていますからね」(前同)

■エース路線からバラエティに活路も……

 5年間にわたってメインキャスターを務めてきた永島優美アナ(29)に代わり、入社4年目となる井上アナが3月29日より『めざましテレビ』の8代目メインキャスターに就任した。

 永島アナも含め、『めざましテレビ』はこれまで高島彩(42)、加藤綾子など、フジテレビの看板女子アナを輩出。新メインキャスターの井上アナの活躍も注目されている。

「3月までは井上アナが月・火・金曜の、久慈アナが水・木曜のニュースサブキャスターを務めていたこともあり、2人のうちのどちらかがメインキャスターに就任するとささやかれていましたが、井上アナに軍配が上がりました。

 フジテレビ上層部が井上アナに決めたのは、久慈アナと比較した際、彼女のほうが女性人気が高かったというのが大きかったと言われています。加えて、スタッフからの評価は圧倒的だったといいますね。『めざましテレビ』のメインキャスターの座を後輩に奪われ、久慈アナはエースアナの本流からは外れてしまったとも言われています」(放送作家)

 久慈アナは現在、『めざましどようび』ではメインキャスターを、『めざまし8』では火曜日担当の情報キャスターを務めている。また、『さんまのお笑い向上委員会』にもアシスタントとして出演している。

 2015年4月の番組スタート以来、6年にわたってアシスタントを務めた久代萌美アナ(31)に代わり、4月3日の放送からは久慈アナが新アシスタントに就任。久慈アナは「とにかく嬉しかったです! 友人とも話をするほど、ずっと番組のファンだったので、まさか自分がアシスタントになれるなんて! と驚きました」と喜びを述べている。

 また、久代アナからは「“絶対答えられないときはさんまさんと目を合わせちゃダメだよ”、と。あと、ホリケン(堀内健)さんとは仲よくなりすぎたらダメ。(ギャグに)巻き込まれちゃうから」とアドバイスを受けたと告白。

 しかし、久慈アナは「ホリケンさんとギャグをやってみたいですし、さんまさんに頭をたたかれたいんです!」と番組へのやる気をうかがわせた。

■さんまにまったくハマっていない!!

 前出の放送作家が続ける。

「エース路線から外れたとはいえ、学生時代は『non-no』(集英社)で専属モデルを務めるほどルックスは抜群ですからね。フジテレビ上層部としても、バラエティ番組でハネてくれれば、と期待をかけ、『向上委員会』に起用されたのでしょう。ただ、久慈アナがまったく明石家さんまさん(65)にハマっていないそうです……」

 前任の久代アナはネプチューンの堀内とコントを披露したり、さんまと中華料理人に扮するなど、局アナでありながら、体を張って番組を盛り上げていた。

「さんまさんはアシスタントが綺麗かどうかよりも、自分がトークを振ったときにしっかりと受け答えやリアクションができるかを重視しますからね。ただ、久慈アナはそれが全然ダメで、さんまさんとはまったく“共鳴”していないんです」

 6月12日放送の『向上委員会』を見ても、久慈アナはスタジオにゲストを呼び込んだり、企画趣旨を説明するのみで、ほとんど画面に映ることはなかった。

「まぁ、アシスタントだからそれまでと言えばそれまでなのですが、久代アナのときとは明らかに違う。アシスタント就任からまだ2か月ですが、さんまさんはすでに、久慈アナにはほぼ話を振らないそうですよ」(前同)

■ステマ騒動でさらなるピンチも

 4月15日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、フジテレビ女性アナウンサーたちによる“ステルスマーケティング疑惑”を報じたが、久慈アナもステマ疑惑に加担していたとされる女子アナの1人である。

「6月3日から5日にかけ、当の女子アナたちが立て続けにインスタグラムに謝罪文を投稿し、さらに波紋が広がっていますよね。ステマ疑惑に加え、原投手と破局し、後輩の井上アナにも追い抜かれ、バラエティ路線で活路を見出せるかと思いきや、さんまさんとの絡みもしんどいとなると、久慈アナにとっては厳しい状況が続きそうです。

 ただ、ステマ騒動前、久慈アナのインスタ投稿は好評で、2万~4万ほどの“いいね”がついていました。また、フォロワー数は43万人と、フジテレビの女子アナでは圧倒的なトップ。謝罪文掲載後、インスタ投稿も再開していますから、テレビにこだわらず、SNSで影響力を発揮できる仕事などを任される、なんてことはあるかもしれませんよね」(前出の放送作家)

 まさに逆風の中にあると言えそうな久慈アナだが、人気のインスタに加え、『お笑い向上委員会』での予想を裏切るハッスルに期待したい!

関連リンク

  • 6/15 6:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます