上位チーム監督の「電撃退任」で早くも今季Jリーグが“実質終了”の危機!

拡大画像を見る

 6月10日、サッカーJ1の横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督の電撃退任が発表され、激震が走っている。

「Jリーグはまだシーズン途中ですが、スコットランドの強豪・セルティックの監督に就任するため、新シーズンの開幕に合わせて引き抜かれる形となりました」(サッカーライター)

 オーストラリア出身のポステコグルー監督といえば、18年に横浜Mの監督に就任すると、攻撃的なアタッキングフットボールを標榜し、19年に15年ぶりのJ1優勝に導いた立役者だ。

 今シーズンは開幕こそ川崎Fに敗れたが、そこから白星を重ね、現在の順位は暫定で3位につけていた。

それだけに、上位陣の監督の退任劇は、まさに異例の事態といえるだろう。

「特に今年のJリーグは、川崎Fが首位を独走しています。リーグ戦の折り返しに差し掛かったところで、無敗のまま勝ち点55(試合数21)を積み上げ、2位の名古屋グランパスの勝ち点37(試合数20)を大きく突き放しているのです」(前出・サッカーライター)

 圧倒的な強さに、サッカーファンの間で早くも優勝は川崎Fが最有力と見られているが、現在の日本代表ウィーク後、「ストップ川崎」の急先鋒に期待されていたのが横浜Mだった。

 6月9日に更新された元Jリーガーの那須大亮のYouTubeチャンネル「那須大亮/Daisuke Nasu」でも、ゲスト出演した元日本代表のDF岩政大樹が川崎Fに対抗する存在として、横浜Mを挙げていた。

「川崎Fが独走していますが、6月下旬からアジア最強クラブを決める『AFCチャンピオンズリーグ』が始まるため、川崎Fは試合数の消化が横浜Mより5試合多いんです。仮にすべて勝利を収めれば、横浜Mは勝ち点49で6ポイントまで縮めることができる。リーグ戦がおもしろくなるのではないかという意味でも、注目されていたのですが…。当然、後任の監督がチームをまとめて快進撃することも考えられますが、サッカーファンの間では、すでに白けたムードが漂っています」(前出・サッカーライター)

 後半戦の見どころが、降格争いだけにならなければいいのだが…。

(写真はイメージ)

関連リンク

  • 6/15 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます