ぼんそ…ではない!【凡そ】社会人は読めて当然?!

日常でもよく使う言葉である「凡そ」。
平仮名表記ではよく使いますが、感じにすると読み方がわからないという方は多いはず。

社会人ならなおさらよく使用するあの言葉なので、この機会に覚えておきましょう。

(1)「凡そ」の読み方


「凡そ」と表記されていると、「ぼんそ……?」と読んでしまう方が多いでしょう。
表記する際は平仮名を使用する方が多いため、漢字で表記できることすら知らないという方も多いのです。

そんな中で、漢字表記をさらりと読めたらかっこいいですよね。
気になる「凡そ」の読み方は「およそ」。

あまりにも身近な言葉に、拍子抜けしたのではないでしょうか?
ビジネスシーンでよく使われるので、社会人は覚えておくといいでしょう。
(『広辞苑』より)

(2)「凡そ」の意味


「凡そ」の意味は、すでにご存知の方も多いはず。
「物事の概要や概略」または「だいたい」「おしなべて」という意味を持ちます。

また、「まったく」という意味も兼ね備えているのです。
「凡そ」という言葉は、色々な意味を持ち、思っている以上に汎用性の高いようですね。
(『広辞苑』より)

(3)「凡そ」の由来


ではなぜ、「凡そ」と書いて「およそ」と読むのでしょうか?
答えは、「凡」という漢字にあるのです。

「凡」はそれだけでは「おおよそ」と読みます。
「おおよそ」が縮まり略語となって「凡そ」なったのです。

現代では、「おおよそ」も「およそ」も同様に使われていますが、普段は「およそ」、強調したいときに「おおよそ」と使い分ける方が多いでしょう。
(『広辞苑』より)


今回は「凡そ」の読み方や意味についてご紹介いたしました。
普段使う言葉だけあって、一度読み方を理解すれば漢字表記でも難なく読めるでしょう。

難しい漢字もさらりと読めれば、周囲の人から一目置かれてしまうかも。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/14 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます