週刊誌に空前の“タレコミラッシュ”! 加藤綾子アナの夫、TBS・小林廣輝アナの女関係めぐり「情報提供が多数」舞い込み中

 スクープやスキャンダルの引き金となるマスコミへの“タレコミ”。このところ、各週刊誌に「芸能人の異性関係に関する情報提供が相次いでいる」(テレビ局関係者)ようだ。さらに、「対象となっている人物やリーク元は違えど、そのタレコミ内容は“ほぼ同じ”という、珍しい現象が起きている」(同)のだとか。

 6月7日、元フジテレビのフリーアナウンサー・加藤綾子が、一般男性との結婚を発表。さらに同9日には、ニュースサイト「フライデーデジタル」が、テレビ朝日・斎藤ちはるアナとTBS・小林廣輝アナの“お泊まり愛”を報じた。

「加藤アナの結婚発表後、夫は『年商2000億円企業の2代目社長』だと複数のメディアが伝えました。同氏は6年前、TBS・出水麻衣アナとの路上キス現場を『フライデー』(講談社)に激写されていたことも発覚し、世間から“女子アナ好き”という印象を持たれたようです」(同)

 また、6月11日発売の「フライデー」は、小林アナが斎藤アナとは別の女性を自宅に招いていたとスクープ。交際報道からわずか2日後に、“二股報道”へと一転した。

「その後、小林アナと交際していたとみられる一般女性のSNSアカウントも発掘され、『自分はただのOLだから元乃木坂かつ女子アナには勝てっこないんだけど、悔しすぎる』などと、つづっていたことが明らかに。ネット上では小林アナにはほかにも“余罪”があるとみられています」(スポーツ紙記者)

 そんな中、各週刊誌には加藤アナの夫や小林アナにまつわる異性関係の情報提供が相次いでいるという。

「最も多いのは、やはり小林アナに関する情報。『過去に関係を持っていた』『SNS上でナンパされた』『合コンで同席した』など、いずれも女性からのタレコミが続々と寄せられているとか。さらに、加藤アナの夫にも同様の情報提供が多数舞い込んでいるそうです」(テレビ局関係者)

 また、意外なところでは、斎藤アナに関するタレコミもあるとか。

「彼らほどエグい内容ではないものの、『斎藤アナと合コンする予定だった』など、小林アナとの真剣交際を疑う情報が届いているそう。男女問わず、アナウンサーは『合コン好き』ということなのか……」(同)

 空前のタレコミラッシュが展開される中、次に週刊誌の誌面を飾ってしまうアナウンサーは、果たして誰になるのか。

  • 6/14 20:47
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます