『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』デビューメンバー11名決定 グループ名は“INI”

 国民投票型オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の第2弾となる『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』の最終回が終了し、11人のデビューメンバーが決定。併せてグループ名が「INI(アイエヌアイ)」となることが決定した。

 オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』は、韓国の音楽専門チャンネルのMnetで放送され、10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇るサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版。本家韓国版では、ガールズグループの“I.O.I”や、ボーイズグループ“Wanna One”、日本からもメンバーが参加した“IZ*ONE”、そして“X1”がデビューし、社会現象を巻き起こした。日本版第1弾では、ボーイズグループJO1が「PROTOSTAR」でデビューしている。

 第2弾となる『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』では、番組開始前に公開された主題歌『Let Me Fly~その未来へ~』のパフォーマンス動画が公開翌日にYouTube動画再生回数100万回を突破。さらにポジションバトル課題曲となった清水翔太の「花束のかわりにメロディーを」のパフォーマンスハイライト動画もYouTube急上昇ランク1位を獲得し現在463万回再生を突破するなど、YouTube全動画の再生回数は1億超えという偉業を達成している。

 そして毎回ツイッターリアルタイムキーワードランキングでも上位トレンド入りし、初の写真集「PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK SEASON2」(ヨシモトブックス)は、6月14日の発売前にAmazon売上げ総合ランキング1位を獲得するなど、大きな話題を集めている。

 そんなSEASON2の最終回において、最終候補の練習生21人の中から国民プロデューサーによる投票で選ばれたのは、木村柾哉、高塚大夢、田島将吾、藤牧京介、尾崎匠海、西洸人、松田迅、許豊凡、池崎理人、佐野雄大、後藤威尊の11名。そしてグループ名が、“PRODUCE 101 JAPAN SEASON2で出会った11人の僕たち(私:I)があなた(I)と繋がり合う(Network)”という意味が込められた『INI(アイエヌアイ)』に決定した。

 今後の予定として年内にデビューシングル発売、番組スポンサーのフリュー株式会社との広告契約が決定しており、国民プロデューサーと共に夢を掴んだ彼らの今後のさらなる成長と活躍にさらなる注目が集まる。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/14 19:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます