蒼井優主演『フラガール』、初めてダンスを踊った衝動を呼び覚ましてくれる俳優の原点となった1作

 こんばんは、宮下かな子です。

 2年程前から、インスタグラムでダンス動画を見ることが趣味です。そもそものきっかけは、ダンスを習いたくて、どこの教室にしようか調べていたのがはじまり。4歳からクラシックバレエを10年間、高校時代はチアダンス部に所属し部長も務めていた私は、考えてみると物心ついてからほぼ踊って生きてきました。そんな人間が上京して暫くダンスから離れていると、やっぱり身体がうずうずしてくるのです。

 有り難いことに、お仕事でダンスシーンがあるMVに出演させて頂く機会もあり、今後はもっと確かな武器のひとつとして、お仕事に活かしたいと思っているのですが……インスタグラムに上がっている動画のダンスレベルがとてつもなく高く、飛び込みで参加するチケット制のスタイルが高いハードルとなっていて、なかなか足が向かず、趣味化してしまったというわけです。もう数年以上ダンス習いたいと口癖のように言っているので、そろそろ動き出さねば!勇気を出せ!と自分に言い聞かせています。

 今回は、そんな私の背中を押してくれるであろう、そして皆さんを笑顔にしてくれる、ダンスに纏わる映画をご紹介します。李相日監督『フラガール』(2006年シネカノン)です!この作品は、私にとって特別な1本。大切にご紹介しようと思います。

〈あらすじ〉
 炭鉱の町、福島県いわき市。閉山が相次ぐ中、町おこしとして「常磐ハワイアンセンター」というレジャー施設が誕生しようとしていた。そこで行われるフラダンスショーのダンサー募集に興味を持った炭鉱町の娘達。オープンまでの短い期間、プロのダンサーを目指す日々が始まる……!

 舞台である福島県いわき市は、私の生まれ育った町。常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)は、今や地元を代表する観光施設となっています。スパリゾートハワイアンズに行ったことのある方、読者の方の中にいらっしゃるでしょうか?

 上京して早々、言葉が訛っていた私は、大学や美容院など至る所で出身地を聞かれていましたが、「ハワイアンズ行ったことあるから知ってる!」と返してもらえることが何度もありました。都会の方々がいわきに観光で来てくれていたと聞き、とても誇らしい気持ちになったのを覚えています。慣れない都会暮らしで、地元を知ってもらえていることがどれだけ嬉しいことか!常磐ハワイアンセンターのおかげです。この映画は、そんな常磐ハワイアンセンターの開設に向け、ひたむきに奮闘した地元の人々の実話を元にした物語です。

 時は昭和40年。いわきは炭鉱業が盛んな地域でしたが、資源エネルギーが石炭から石油へ転換されていく時代の流れがあり、炭鉱業は斜陽化していきました。閉山により多くの人が解雇されていく中、石炭掘削の際、労働の妨げになっていた温泉を利用し、温泉レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」を建設する計画が持ち上がったのです。当時の思い切った計画に、町の人からは反対の意見が多くあったそう。そんな中、施設での目玉と考えていたフラダンスショーのダンサーを、東京のプロにではなく、地元育ちの女性達から募集することになったのです。

 映画『フラガール』では、徳永えりさんが演じる木村早苗がダンサー募集のチラシを見つけ、蒼井優さん演じる親友の谷川紀美子を誘うことから物語が始まります。集まったメンバーは、早苗、紀美子、身体が大きく恥ずかしがり屋の小百合(南海キャンディーズの山崎静代さん)、子持ちで事務員をしている初子(池津祥子さん)のたった4人。しかも全員ダンス未経験者。

 4人を指導するのは、東京からやってきた平山まどか先生。この強烈なインパクトある先生を、松雪泰子さんが演じています。

 まどか先生は所属していたSKD(松竹歌劇団)を辞め、肩代わりした親の借金まみれ、お酒を浴びるように飲む落ちぶれたダンサー。自棄になっている彼女を、松雪さんは都会の垢抜け感と色気、そして男前な一面を持ち合わせ、とても魅力的に演じています。クールに見えて、芯に熱い情熱を燃やしている役柄がとてもぴったり。

 このやる気ゼロだったまどか先生を奮い立たせるのは、懸命に努力する4人の生徒の姿。4人はsれぞれ複雑な家庭環境の中、「女が腰振ってヘラヘラ踊るなんて!」なんて、断固反対する親や周りの声を押し切ってフラガールを目指します。そんな4人の姿を見て、再び心の炎を灯したまどか先生は、彼女達の心に寄り添いながら、時に彼女達のために頭を下げ、時に男性の銭湯場にまで乗り込み、時にブチ切れて生徒達に喝を入れながら、共にステージを目指していきます。

 松雪さんの見事な暴れっぷりは必見です!

 この映画が私にとって特別な1本だというのは、地元が舞台となっていることも理由のひとつですが、もうひとつは、私がダンスを通して見たこれまでの景色が、作品の中に凝縮されているからです。

 例えば、初めてシューズを履いたワクワク感。机の下で足元が無意識に踊ってしまうこと。衣装を受け取って家で着てはしゃいだこと。スポットライトを浴びた眩しいステージ。出演前の化粧部屋でのドキドキ感。お客さんの声援と拍手。私の記憶と、映画の場面が重なる瞬間が何度もあります。

 その中でも特に印象的なのは、紀美子が本気でフラダンスに取り組もうと決心する場面。紀美子は早苗に誘われ、付き添いでフラダンスを習っていたのですが、ある日他の生徒達と教室を覗き、まどか先生が踊っている姿を目撃します。先生の姿に魅了され、4人は大きく変化していき、紀美子はフラダンスに本気で興味を持つようになるんです。

 この時の蒼井優さんの、細胞が沸き立つような、言葉に言い表せない衝撃と感動の表情が本当にリアルで。私がクラシックバレエを習い始めたのは、親戚のバレエの発表会を観に行ったのがきっかけだったのですが、その時の心情をなんとなく覚えていて、その自分と重なって見える場面なのです。

 バレエを習うきっかけの他にも、私は幼い頃から本や舞台、ドラマや映画を観て感動したり、その影響で、将来の夢がコロコロ変わるような子でした。多分、心動かされる衝撃スイッチに昔から敏感なんだと思います。今でも心を動かしてくれる作品に出会うとワクワクするし、私も誰かの心を動かす存在に自分がなりたい、と常に思っています。今、私がここにいるのは、なんの偶然でも流れでもなく、あの心動かされた瞬間が原点なんだと、なるべくして役者になったのだと、あの紀美子の表情見ると、あの頃の自分を重ねてそう思えるんです。

 ちなみに私、『フラガール』を初めて観た後も、「フラガールになりたい!」と両親に本気で言っていたそうで。将来の夢が変わるたび両親や友人に話をしていつも驚かせていて、今思うと私ってなんて単純なの、と呆れてしまいますが、心の衝撃スイッチに敏感だった、と思えたら、今の自分との繋がりが感じられて、自分を肯定できる気がしました。

 仲間や家族との別れや、町の人に反対されながらも、彼女達は強く自分たちを信じ努力し続け、いよいよ常磐ハワイアンセンターのオープンを迎えます。彼女達のフラダンスショーには沢山の人が集まり、熱気の中最高の笑顔でステージに立ちます。本番のステージって、これまでの全てが報われる瞬間ですよね。練習があって、時に悩んで涙して。きっと、役を演じた彼女達も、相当な練習をしてきたと思います。その想いが、役とこの場面と合致して、とてつもない熱量となって画面から溢れているんです。

 あ~、私もこんな青春をもう一度味わいたい!

 ショーが終わり、観客の拍手と声援を浴びるフラガール達の笑顔は、涙なしには見られない最高のラストシーンになっています。

 今や観光地として県外からも沢山の観光客が訪れるようになったスパリゾートハワイアンズ。いわきには部活としてフラダンス部があったり、フラガール甲子園という大会があったり、フラダンスもしっかり地域に根付いています。私も久しぶりに、フラダンスショーを観たくなったので、安心して帰省できる時がきたら、家族で観に行こうと思っています。

 時代の変化に戸惑ういわきの町を活気付けようと、新たな事業に挑戦した当時の人々の努力の結晶は、今もなお沢山の人の笑顔に繋がり、町を守り続けています。『フラガール』のおかげで、自分の生まれ育った故郷が更に愛おしくなり、私の人生の核になっているものに気付かされました。

 役者となった今の私にとって、『フラガール』は私の目標。いつかこんなふうに、ダンスをひとつの表現として、作品に活かして感動を届けたい!そして、地元にエールを送れる作品に出演したい!そう心から思っています。いつそんな作品との出会いが訪れてもいいように、やっぱりダンスを磨いておかねばですね! これを機に、飛び込んでこようと思います。

 ひたむきな努力と最高の笑顔が、きっと明るく前向きな気持ちにしてくれます!

 今こそ観るべき『フラガール』、是非ご覧ください。

  • 6/14 18:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます