日本の観光名所が危ない!コロナ禍で「中国に乗っ取られ」実態

拡大画像を見る

 長引くコロナ禍で、ホテルや旅館が深刻な苦境にあえいでいる。

「帝国データバンクによると、2020年度の宿泊業者の倒産件数は前年比66.7%増の125件。増加率は過去最悪で、その約6割が新型コロナの影響です。東京五輪の1年延期や外国人観光客の激減に加え、“GoToトラベル”の停止や緊急事態宣言の長期化が、追い打ちをかけています」(全国紙経済部記者)

 そんなホテルや旅館にとっての“救い主”が、中国人の資産家だという。

「仲介業者は、中国人による宿泊施設の買収相談が、前年の倍以上に伸びているといいます。新型コロナの封じ込めに成功し、いち早く経済活動を再開させた中国人資産家は、日本や欧米の不動産に手を伸ばしています。特に、民主化運動の弾圧で、将来に不安を抱く香港の富裕層は、投資に積極的なようですね」(前同)

 以前から、外国人観光客に人気のニセコ(北海道)などでは、中国企業による不動産の買い占めが進んでいた。だが、経済評論家の杉村富生氏は「今回は事情が違う」と警鐘を鳴らす。

「コロナ禍で足元を見られ、安く買い叩かれます。価値が下落したときに買う“逆張り”が中国人の投資の強み。ワクチン接種が進み、観光業が盛り返してきたら、旅館やホテルの価値は上がりますので、そのタイミングで売却する気でしょう」

 日本の宿泊施設が買い叩かれ、投機の対象とされているのだ。また、

「下呂温泉(岐阜県)の旅館が中国人に買われ、温泉つきマンションに建て替えられたと聞きました。人件費削減や中国語対応のため、古くから勤めていた日本人従業員はみんな、クビになったそうです。旅館は日本文化そのものですが、中国人の富裕層は“儲かりさえすればいい”という姿勢なんです」(地元関係者)

 この続きは現在発売中の『週刊大衆』6月28日号で。

関連リンク

  • 6/14 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 4Gぃの白狐

    6/15 12:42

    中国は、コロナウィルスと云い原発と云い何一つまともに管理出来ないなら、危険なもんは扱わないで欲しい( ̄^ ̄)ましてや核なんてもっての他(ー_ー;)

  • 観音寺六角

    6/14 20:17

    豊かにしてはならない国。そのうち植民地支配になったら香港と同じように😱

記事の無断転載を禁じます