劇場版『ヒロアカ』出久&爆豪&轟、新スーツで空を舞う 新ビジュアル&ストーリー公開

拡大画像を見る

 8月6日に公開される『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』より、新ビジュアルとストーリーが公開された。

 原作は、2014年より「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の、堀越耕平による王道ヒーローアクション漫画『僕のヒーローアカデミア』。“個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々の存在が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久=通称“デク”が社会を守るヒーローになるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校で仲間たちと共に成長する姿を描く。

 劇場版第3弾となる本作は更にスケールアップし、世界を舞台にヒーローたちが極限のミッションに挑む。総監修に原作の堀越耕平を迎え、監督を長崎健司、脚本を黒田洋介、キャラクターデザインを馬越嘉彦、音楽を林ゆうきが担当。アニメーション制作はボンズ。

 世代を経るごとに深く混ざりあった“個性”が人類史を終末に導くとする思想≪個性終末論≫を掲げ、“個性”を「病」と称しながら、世界中の“個性”保持者の殲滅を目論む謎の集団・ヒューマライズ。彼らが世界各国に仕掛けた、“個性”を強制的に暴走させ崩壊に導く爆弾<個性因子誘発爆弾(イディオトリガーボム)>から人々を救うため、全世界のプロヒーローと、その下でインターン中だった雄英高校ヒーロー科が招集され、世界選抜ヒーローチームが結成。各地で爆弾の回収任務にあたっていた。

 エンデヴァー事務所でインターン中だった出久、爆豪、轟の3人も、日本から遠く離れた国<オセオン>で作戦行動に。しかし、とある事件に巻き込まれた出久が、なんと全国指名手配されてしまう。そんな中、全世界にヒューマライズの犯行声明が届く。「タイムリミットは今から2時間」。ヒロアカ史上最大の危機を前に、世界とヒーロー達の未来が“彼ら”に託された。

 公開された新ビジュアルは、黒を基調とした劇場版オリジナルの新コスチューム“ステルススーツ”姿のデク・爆豪・轟が、日本から遠く離れた国<オセオン>の上空で飛び出す様子が描かれている。背後には、現NO.1プロヒーローのエンデヴァー、NO.2プロヒーローのホークス。そして「世界を、救え。」というコピーが添えられた躍動感のあるデザインとなっている。

 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』は8月6日公開。

関連リンク

  • 3/29 19:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます