一生に一度は行きたい!湯河原温泉旅館と小田原グルメの癒し旅

拡大画像を見る

都心から車で2時間。温泉町として知られるここ湯河原では、古くから著名な作家や画家が滞在し筆をとったと言われます。周囲には趣深い旅館が佇み、訪れる人を歓迎します。今回は旅行に付随して小田原のグルメと観光地もご紹介します。


12:00 小田原駅到着!田むら銀かつ亭で絶品ランチ



小田原駅東口から歩いてすぐの地下街「HaRuNe小田原(はるねおだわら)」。
小田原ならではの農産物や加工品、お土産を購入できるこちらの地下街、カフェやレストランでも地産地消にこだわった魅力的なごはんを頂くことができます。



その中でも、ぜひ行っていただきたいのがこちら「田むら銀かつ亭」です。
箱根町強羅(ごうら)に本店があるこちらのお店。本店では整理券を配布するほどの人気ぶりですが、小田原店では比較的スムーズに入店することができ、とってもお得です。



筆者のおすすめは「豆腐かつ煮定食」!
特別注文されたお豆腐に豚ひき肉をはさんで揚げたものを、さらに煮込んでいるこちらのお料理。本当に絶品です。
ダシの効いた甘辛いお汁と豆腐かつは絶妙で、ご飯もすすみます。カツが苦手な女性でもペロリと食べていただけるお料理だと思うので、ぜひ訪れた際はご賞味ください。


<スポット情報>
田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
住所: 神奈川県小田原市栄町1-1-7 ハルネ小田原
電話: 0465-22-8989


14:00 湯河原温泉 石葉に到着



湯河原の中でも、人里離れた緑豊かな若草山の山中に佇むこちら「石葉(せきよう)」。
上質な湯河原温泉はもちろんのこと、湯河原の山海の幸を堪能できるこちらの旅館で過ごす時間はまさに至福の時です。



お部屋は9つのみで、それぞれ窓からは雄大な箱根の山々や静かな木々を望むことができます。
夜には涼やかな虫の音を、朝には可愛らしい鳥の歌を楽しむこともでき、一時一時を贅沢に過ごすことができます。


温泉



お部屋の中でも掛け流しの源泉を楽しむことができますが、おすすめなのは外の内湯と露天風呂です。
内湯では大きなガラス窓を通して雄大な風景を望むことができ、露天風呂では自然の中に溶け込んで温泉を楽しむことができます。
温泉は殿方とご婦人の湯に別れていますが、1日毎に交代するため2つの場所、計4つの湯を楽しむことができます。
ぜひ、絶景を眺めながらゆっくりと温泉に浸かり、日々の疲れを癒していただきたいです。


夕食



「石葉」でなんといっても外せないのが料理です。
海の幸、山の幸全ての素材が存分に生かされたお料理は、やさしく身体に染み渡ります。お料理を引き立てる器や漆器も見事に美しく、目を奪われます。



ゆっくりと時間をかけていただくお料理は、今後のみなさまの活動の糧になること間違いなしです。
ぜひ、思い思いにご堪能いただきたいです♡


2日目 湯河原温泉 石葉で朝食



上質なお布団でたっぷり休んだ後には、とっておきの朝食が待っています。
こちらも地元の食材をふんだんに使った料理となっており、朝から活力がみなぎります。朝食の前には搾りたてのオレンジジュースまたはヨーグルトをいただくことができ、気分も爽快。
旅館を出発するまでは、お部屋でくつろぐも良し、温泉を楽しむも良し。湯河原での幸せなひと時を、ぜひこちらの旅館でお過ごしください。


<スポット情報>
石葉
住所: 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上749
電話: 0465-62-3808


12:30 らぁ麺屋飯田商店で絶品ラーメンを堪能



上品なものに囲まれた後には、通なものを楽しみたくなるのが人情というもの。
そんな願いを叶えるのにぴったりなお店がこちら「らぁ麺屋飯田商店」です。
こちらのラーメン、ただのラーメンではありません。
まず、つゆです。一見油っぽく見えるのですが、味わうとさっぱりとしていて深みがあり、具材を引き立ててくれます。チャーシューは3種類入っており、柔らかくジューシー。ワンタンは鳥と豚の2種類で、肉汁とつゆのハーモニーがたまりません!麺はぷりぷりモチモチでどんどん食べられてしまいます。



ちなみに、筆者のおすすめは「わんたん入り塩らぁ麺」です。
日本全国からお客さんが訪れるというのが納得できるこちらのラーメン、みなさんもぜひご賞味ください。


<スポット情報>
らぁ麺屋 飯田商店
住所: 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14
電話: 0465-62-4147


14:00 小田原城を観光



小田原に訪れた際、観に行っていただきたいのがこちら「小田原城」です。
大空に白く映える小田原城の姿は、歴史を感じさせ荘厳な雰囲気を持ちます。
天守閣を登ると、天守閣展望デッキからは小田原の町を一望することができ、とても美しいです。
小田原に訪れる際は、ぜひお立ち寄りください。


<スポット情報>
小田原城
住所: 神奈川県小田原市城内6-1
電話: 0465-23-1373


湯河原と小田原で、しっとり大人の癒し旅



いかがでしたでしょうか?
今回は、湯河原温泉旅館と小田原でのしっとりとした大人の旅をご紹介しました。
まだまだ見所たっぷりの湯河原と小田原。みなさんも訪れた際は、ぜひこちらを参考に素敵な旅行プランを立てていただきたいです。

関連リンク

  • 6/14 15:52
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます