東山紀之『刑事7人』、7.7よりシーズン7放送決定 「熟成期を迎えた気がします」

拡大画像を見る

 東山紀之が主演を務める刑事ドラマ『刑事7人』のシーズン7が、テレビ朝日系にて7月7日より毎週水曜21時に放送されることが決定。東山は「個性豊かなメンバーですけど、それがいい感じで熟成期を迎えた気がします」と話している。

 本作は、東山演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む姿を描くテレビ朝日水曜21時枠の刑事ドラマで、2015年から毎年放送されているロングランシリーズ。7年目の7月7日に放送スタートとなるシーズン7では、「専従捜査班」と「刑事資料係」が解散となり、メインキャスト7人の置かれた状況が一変する中、ある事件をきっかけに7人が再び集結し、新たな形で動き出す姿が描かれる。

 キャストには、東山演じる天樹悠をはじめ、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)というおなじみの7人のスペシャリストが引き続き続投する。

 デジタル化が進む世の中でも、組織の論理にとらわれず、独自の判断で地道に、かつ自由に捜査を行ってきた天樹たちの姿勢は変わらず、それに加えて、堂本の揺るがぬ信念の誕生秘話や、片桐の知られざるプライベートの裏側、環と青山の関係の微妙な変化、海老沢の10年に及ぶ不運の結末、憧れのエリート部署に異動した拓海の決断など、それぞれの物語から見えてくる7人の知られざる一面も描かれる今回。さらに水田と青山が共同生活をしている様子も描かれるという。

 「シーズン7を迎えるということは、それだけ7年年を取っているということですから、いろんな時期を経て、いろんな人生経験をして、それがドラマに反映されるといいですね」という東山は、「個性豊かなメンバーですけど、それがいい感じで熟成期を迎えた気がします」と語り、「シーズン7まで続くということは、見てくださる方がいらっしゃるということだと思うので、そういう方たちがまたこの夏、心動かされるようなドラマにしたいなと思っています」とコメントした。

 なお、解禁された7人のキャストビジュアルには、シーズン7開始当初の異動先でのそれぞれの姿が写し出されているようだ。

 ドラマ『刑事7人 season7』は、テレビ朝日系にて7月7日より毎週水曜21時放送。

関連リンク

  • 6/14 13:10
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます