『ネットワーク』のネッド・ビーティが83歳で死去、『トイ・ストーリー3』ではロッツォの声を担当

拡大画像を見る

俳優のネッド・ビーティ(83)がロサンゼルスの自宅で亡くなった。マネージャーのデボラ・ミラー氏が、「ネッドは日曜日の朝に自然死しました。家族や愛する人に囲まれていました。ご遺族は、詳細について公表しない意向です。ネッドはアイコニックで、伝説的な才能を持つ人でした。大切な友人でもありました。みんなが別れを惜しむでしょう」と「The Wrap」を通じて発表した。

1937年、米ケンタッキー州で誕生したネッドは、60年代に舞台で俳優のキャリアをスタートさせた。1972年、ジョン・ヴォイトとバート・レイノルズが出演する『脱出』で映画デビュー。1976年には『ネットワーク』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、その後も『エクソシスト2』『スーパーマン』などの出演作が続く。1979年のスティーヴン・スピルバーグ監督作『1941』では、三船敏郎と共演した。『Friendly Fire』(1979、原題)、『Last Train Home』(1989、原題)でエミー賞に2度、『ヒア・マイ・ソング』(1991)でゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネート。最近では『トイ・ストーリー3』でロッツォの声を務めた。

『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督は、「彼との仕事は楽しく、一緒に働けて光栄でした。ありがとう、ネッド。ロッツォの良い面にも悪い面にもに命を吹き込んでくれて。寂しくなります」とツイッターで追悼した。



(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 6/14 14:15
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます