【滋賀】八百万の神に由緒のある神社。多賀大社へ参拝しよう!

拡大画像を見る

「多賀大社」は「お多賀さん」の愛称で知られる神社です。日本の国土や八百万の神様を産まれた神様がまつられています(※"多賀大社公式HP"より)。実際に訪れてみて、急傾斜の太閤橋に驚きました。私の感想や名物グルメの紹介を交えて、「多賀大社」を紹介します。


多賀大社(たがたいしゃ)とは



「多賀大社」は滋賀県犬上郡にある神社です。「おたがさん」の名前で親しまれています。

多賀大社にまつられているのは、「伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)」と「伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)」。日本の国土を創られ、八百万の神々をお産みになった夫婦の神様です(※1)。2人の神様は、伊勢神宮にまつられている天照大神(あまてらすのおおみかみ)の父親と母親にあたり、「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」という俗謡もあるそうです(※2)。

(※1"多賀大社公式HP"より、※2"三重県公式HP"より)


とても急傾斜な太閤橋(たいこうばし)



「多賀大社」には傾斜がすごすぎる石橋、「太閤橋」があります。
「太閤橋」を渡るのは見た目以上にスリリング。



小さな子どもたちは手をつきながら、お母さん方は悲鳴をあげながら橋を渡っていました。


神聖な雰囲気の拝殿



御神門を抜けると、急に雰囲気が変わります。
凛とした気高さの中に、包み込むような優しさのある空間。


「糸切餅(いときりもち)」を食べて帰ろう



多賀大社参拝の名物は「糸切餅」。
少ししょっぱいお餅と、甘いこしあんがマッチしていて美味しかったです。


多賀大社に出かけよう



「多賀大社」は約800万の神様を産んだ神様をまつった神社とされている。
実際に訪れてみて、急傾斜の太閤橋にびっくり。
境内は神聖な雰囲気で、名物の「糸切餅」も美味しかったです。みなさんも「多賀大社」にお参りしてはいかがでしょうか。


<スポット情報>
多賀大社
住所: 滋賀県犬上郡多賀町多賀604
電話: 0749-48-1101

関連リンク

  • 6/14 13:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます