女性初RIZINリングアナ・“しょこたん”中川翔子、タキシード姿に「かっこよかった!」賞賛の声

 タレントの中川翔子が13日、自身のインスタグラム及びツイッターを更新。同日東京ドームで開催された格闘技イベント「RIZIN」でリングアナを務めた彼女が新境地への想いをつづっている。

 この日、中川が「RIZIN東京ドーム、女性初のリングアナと、フジテレビ実況席に出演させていただきました!選手の皆様、素晴らしい試合をありがとうございました!」と投稿したのは、タキシードを着用した自身のソロショット。キリリとした表情を浮かべた2枚を公開しながらも、「#緊張 実は脚が震えてた」と明かしている。

 一方ツイッターでは「全ての選手の激闘、全身で浴びて最高でした!想像を覆す展開だらけでした!もう今夜は眠れません帰宅してから最初からまた全部観ますRIZIN最高!!格闘技にハマれて良かった!」と心境をつづりながら現場のオフショットを次々と披露。「生涯忘れられない日です もっともっと勉強したいです めちゃくちゃ楽しかったです!」と熱い思いをつづっていた。

 これらの投稿に対し、コメント欄には「痺れました」「堂々としながらも選手を立てる仕事っぷりはお見事でした」「解説めちゃくちゃ良かったです」といった称賛が殺到。「まさかクロンタキシードに蝶ネクタイとは思わなかったです」「スーツも声もちょーーーーーーーかっこよかった!!!」と驚くファンも多数見受けられた。

引用:「中川翔子」インスタグラム (@shoko55mmts)
「中川翔子」ツイッター (@shoko55mmts)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/14 11:43
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます