関東も梅雨入り、この時期は薬味とハーブで「腸活」 今が旬の葉に山椒、ミョウガ

拡大画像を見る

関東甲信地方が2021年6月14日に梅雨入りし、列島各地で本格的に雨の季節となってきた。この時期、何となく身体の不調を感じる人もいるのでは。

梅雨の時期に旬を迎え、不調を助けてくれる食材に薬味とハーブがある。うんち記録アプリを運営するウンログ(東京都渋谷区)の長瀬みなみさんに、普段の食事に簡単に取り入れられるおすすめの薬味とハーブ、食べ方を聞いた。

さまざまな効能を期待できるスーパーフード

梅雨の時期は、自律神経のバランスが乱れやすく、便秘になる人が多い傾向にあるそう。湿気によって上手く発汗できず、余分な水分や熱が体にこもって体が冷えてむくみ、「蠕動(ぜんどう)運動」が低下するなど、便秘になる条件がそろっているという。

この時期に、台所で活躍するのが薬味やハーブだ。「これらは生薬とも呼ばれ、さまざまな効能を期待できるスーパーフードです。少しずつ食事に取り入れることで、毎日の料理がレベルアップするだけでなく、食欲増進にも繋がります」。

長瀬さんにおすすめの薬味とハーブを聞いた。まず、「実山椒」。旬は6月で、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、また血行を促進して体を温めてくれる「サンショオール」という成分が含まれている。食欲増進や胃腸機能の改善などが期待できるそう。山椒の塩漬けやオイル漬けがおすすめで、さらに、実山椒と白だしを入れてご飯を炊くと「絶品」とのこと。

次に5月から夏頃までが旬の「大葉」。大葉に含まれる「ペリルアルデヒド」という成分は、消化酵素の分泌を促進、胃腸の働きを助けて「腸炎」を緩和する。腸内環境改善にも期待ができると言われているそうだ。

「発汗作用があり、ジメジメした日に特に意識的に取り入れるようにすると良いでしょう」

薬味としてはもちろん、レタスと大葉のグリーンサラダや、グリーンスムージーの材料にももってこいのハーブだ。

血流や発汗を促してくれるミョウガ

そして最後に「茗荷(ミョウガ)」。6月頃から旬を迎える薬味だ。「アルファピネン」という香り成分を含んでおり、血流や発汗を促してくれる。「ほとんどが水分ですが、カリウムも多く含まれるので体内の水分を調節してくれる効果も期待できます」。長瀬さんによると、甘酢に漬けて常備菜として置いておくと万能。そのまま食べるのはもちろん、塩揉みしたきゅうりや茄子と和えると立派な一品になる、と教えてくれた。

これら3つのいわば「腸活食材」は、納豆にちょい足しするのも「俄然、おすすめ」とのこと。納豆特有の発酵臭に薬味の爽やかさがプラスされて、おいしさがアップする。好みで付属の納豆のタレではなく、ポン酢などにしても良いそうだ。<J-CASTトレンド>

「普段料理の端にいる薬味ですが、脇役としてだけでなくメイン食材としても活用してみてくださいね。ただ、1度食べただけで爆発的に効果が期待できるものではありません。少しずつ継続して取り入れるようにしてみてください」

関連リンク

  • 6/14 12:40
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます