【ユニコーンS見どころ】マクフィ産駒ルーチェドーロが人気の中心か

拡大画像を見る

 ルーチェドーロに注目したい。端午S(OP)に続く2連勝なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/20(日) ユニコーンS(3歳・GIII・東京ダ1600m)

 ルーチェドーロ(牡3、美浦・高橋裕厩舎)は昨年末の全日本2歳優駿(JpnI)で3着があり、前走の端午Sを差し切ってオープン初勝利を飾った。今回は東京替わりと距離延長がカギとなるが、マクフィ産駒初のJRA重賞制覇なるか。鞍上は引き続き戸崎圭太騎手。

 ピンクカメハメハ(牡3、栗東・森秀行厩舎)は2月にサウジアラビアに遠征し、ダート1600mのサウジダービーを勝利。初の海外遠征、初ダートという条件下で、見事チャンスをものにした。3月にはドバイのUAEダービーにも挑戦し10着。今回はそれ以来の帰国初戦となるが、日本のダートでどのような走りを見せるか注目。

 その他、ヒヤシンスS(L)を勝ったペルーサ産駒ラペルーズ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)、青竜S(OP)で接戦をものにしたゲンパチフォルツァ(牡3、美浦・堀井雅広厩舎)、1勝クラスと昇竜S(OP)を連勝のカレンロマチェンコ(牡3、栗東・高柳大輔厩舎)、同舞台の新馬戦を圧勝し、大井重賞・京浜盃で2着があるイグナイター(牡3、大井・福永敏厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

関連リンク

  • 6/14 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます