一体どんな料理!? 韓国人が愛してやまない「チメク」が楽しめる店が下北沢に登場!

 数ある韓国グルメの中でも、“若い女性の間で”という枕詞なしでブレイクの兆しが見えているメニューといえば? そう「フライドチキン(クリスピーチキン)」です。さまざまなフレーバーを用い、ザクザク食感&ジューシーに仕上げられているのが特徴で、日本の「唐揚げ」とは一味も二味も違う味わいに熱い注目が集まっています。

 今回は東京でも屈指の人気スポットである世田谷区下北沢にオープンした韓国チキンのお店『CHOA CHICKEN(チョアチキン)下北沢』の独自の製法で作り上げたクリスピーチキンに注目! 本場韓国式のテイストを求めるお客さんで、連日大賑わいを見せています。

ところで“チメク”って何?

 チキンがブームを越えてスタンダードメニューになっている韓国では、「チキン」と「メクチュ(ビールの韓国語)」を一緒に楽しむ“チメク”が若者の定番カルチャーとして定着。日本以上に浸透しているデリバリーサービスと組み合わせることで、場所やシーンに囚われず好きな場所で”チメク”を楽しむスタイルが確立されています。

『チョアチキン』はこの“チメク”文化が日本でも当たり前になることを目標に、今後は店頭販売だけでなくデリバリーだけで楽しめるメニューやパッケージを展開する予定なんだそうです。

代表的なメニューはこれ!

『チョアチキン』で提供しているクリスピーチキンは、味はもちろんのこと“音”も楽しめるサクパリ食感が特徴。角が立つほどカラッと揚がった衣は、独自の割合で生地にブレンドされた米粉が「香ばしさ」と「サクサク感」を絶妙なバランスで両立させています。一日経ってもサクッとした食感が続くので、初めて食べた際は驚くこと間違いなし! リピート率が約60%と高いのも納得の美味しさです。

「ハニーバターチキン」は基本テイストとなる「チョアチキン」にフライドガーリックをトッピング。バター風味のオリジナル蜂蜜ソースをディップしていただく一品です。チキンの食感と塩味、ハニーバターソースの風味と甘味が一体となったヤミツキ度高めのテイストで、お店でも高い人気を博しています。

 韓国テイストといえばやっぱり“辛味”でしょという方には「マーラーチキン」がオススメ。花椒由来のシビれる辛さと、唐辛子の辛さが特徴のスパイシーテイストで、トッピングのクラッシュピーナッツが食感と風味にちょうどいいアクセントを加えます。REDな見た目も含め、ビールと抜群の好相性を感じさせる”チメク”な一品です!

 お店では他にも「ヤンニョムチキン」や「マヨペーニョチキン」、「ブラックガーリックチキン」といった全10種類のフレーバーに加え、好みのチキンを2種類選べる「ハーフ&ハーフ」や追加ソース、チキン4個入りの「チョアカップ」も用意されています。また、チキン以外にも、多彩なフレーバーの「フライドポテト」や「チーズボール&ライスボール」、韓国海苔巻きの「カニ身入りキンパ」など、サイドメニューも充実しています。

 なお、チキンの「ハーフ」は約300g、「フル」は約600gとボリューム満点。オーダーはテイクアウトかデリバリーサービスの利用となり、2人までの少人数なら「ハーフ」、家族や友人など人数が揃っている場合は「フル」をシェアするのがオススメです。

 テイストだけでなく、食べ方にも新たな潮流を生み出しそうな『チョアチキン』。密にならないように気を遣いつつ、お店のクリスピーチキンで韓国スタイルの“チメク”も合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

●DATA

店名:CHOA CHICKEN下北沢

住:東京都世田谷区北沢2-14-18
TEL:03-5787-5783
営:10:00~23:00 ※営業時間は変更となっている場合があります
休:なし
https://choachicken.com/
※価格は全て税込

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/14 10:49
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます