尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(1)怒張したモノをジュボジュボと

拡大画像を見る

 いよいよ四十路が近くなってきて尾野真千子が弾けている。現在公開中の主演映画「茜色に焼かれる」では、シングルマザーの性サービス嬢に挑戦。「隠れ艶女王」としての真骨頂を発揮し、意外に豊かなボディをズバッと晒し、まさかの口技までも熱演した。再び脚光を浴びつつある熟した艶を全公開する。

「チュッチュッ、チューッ」

 リップで肌を愛撫するような音が響き渡る。「ごそごそッ」と布がこすれる様子は、さながら情事の真っ最中というところだろうか。

 スクリーンに映し出されたのは、中年の男の愛撫を受け入れる尾野真千子の艶めかしい肢体だ。バストトップギリギリまで、グリーンのタオルで隠されているものの、どちらかといえばスレンダーに見えた体型が、思いのほか、肉付きに脂が乗っている。艶っぽいプニプニボディは“四十路”ならではというところか。

 場所は、ジャングルのような森林を装飾に配した男女がひと時を過ごすタイプのホテルで、今まさに、男と結ばれようとしていた。

 しかし、愛撫の最中に、意を決して男の手を振りほどいた尾野は、隠していた「過去」について告白を始める。まったく意に介さない様子の男は、「軽い感じでいいんじゃない」とそのまま、なおも熟れきった体を求め続けた。すると、それまでタオルで秘されていた尾野の極上柔肌が露わに。そのボディは、結婚前のスレンダーな肢体からはかなり丸みを帯びた豊潤さ。かつてCカップとも評されていたおわん型のバストは、推定Fカップにまで急成長していた。“輪っか”も500円玉大になっており、コリコリだった先がツンと上を向いて、実に完熟といった表現がピッタリなのだ。さらに、ウエストまわりにも脂肪が乗って、実に艶めかしいボディラインが浮かび上がっている。

 これは、現在公開中の尾野真千子の主演作「茜色に焼かれる」(フィルムランド)の艶シーンの一部だ。この作品はコロナ禍で撮影に臨んだ4年ぶりの単独主演作。尾野は、理不尽な事故で夫を亡くし、一人息子を抱えて懸命に生きるシングルマザーを演じる。昼は花屋でバイトをしながら、夜は性サービス嬢に─。女優として脂の乗りきった尾野の真骨頂が見られ、熟美女のサービス嬢ぶりもリアリティ抜群で刮目に値する。そんな尾野は、5月20日の映画公開のプレミア会見では、「みなさんと手と手を取り合って見に来てほしいんです。それぐらいみんなで命をかけて撮った作品です。こんな状況で、やりにくい世の中で私たちの仕事はできないかもしれないって恐怖が襲ってきて。でも今こうやって、みんなとこういう作品を伝えなければいけないと…。みんな命がけでやりました。すんません。泣いて」と、文字通り体を張った演技を振り返り、感極まる一幕もあったほどだ。

 物語に戻ると、尾野が勤めるのは、場末の雑居ビルで営業する、さびれたサロン系の性サービス店。店内にはパーテーション代わりに感染対策で、ビニールシートが天井から吊り下げられている。これも「コロナ以降」の舞台設定で、「今」を感じさせるのだ。

「いらっしゃい」

 若い子を目当てに訪れた客にも愛想よく対応する尾野。紺色のキャミソールにマスクというコロナ仕様。しかし、プレイに入れば、人気女優とは思えない深く咥える口技っぷりを果敢に披露する。

「ジュボジュボボ」と、眉間にしわを寄せて、いきり立ったモノをくわえ込む表情がドアップに。その端正な顔立ちを歪めながらの口技ぶりに、見る者の下腹部は熱くなるばかり。

「私がコロナだったらどうする? でもゴムをしているから、うつらないわよ」

 プレイ中に口技を止めてにっこり笑顔を見せるあたりも、熟女サービス嬢の気遣いといったところか。そして、そのあまりの舌技に、男はあえなく昇天。最後にお客を送り出す際にはハグをしながら、

「まあ頑張りましょう」

 と自分を殺しながらも、客を励ます。このシーンは、映画全体を通して主人公のキャラクターを物語る重要なものだ。

「番宣で石井裕也監督に取材したところ、脱ぎシーンについても尾野さんは自分のバストトップについてど『どうや?私のどうだった?』とやたらと聞いてきたとか。とにかく、さばけた性格で、今回の撮影もノリノリで挑んだだけに、本人も『代表作ができた』と満足げだったのが印象的でした。ただ作品自体が、現実の事件をモチーフにしているので、あまり脱ぎ姿自体をウリにしているわけではない。それだけに意外な艶シーンはサプライズとなっています」(芸能記者)

 まさか、四十路の完熟ボディが拝めるとは。観客も僥倖だったに違いない。

関連リンク

  • 6/14 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます