<クイズ>加熱しても開かないアサリがあるのはなんで?食べても大丈夫?

拡大画像を見る

 何も気にせず調理しているけど、理由がわからない現象って意外と多いですよね。

 今回は「加熱しても口が開かないアサリ」について解説します。

◆Q.加熱しても開かないアサリがあるのはなんで?

 口がパカッと開かない理由、知っていますか?

◆A.すでに死んでいるから

 口が開かないアサリは、加熱前すでに死んでいた可能性が高いです。アサリは、死ぬと貝柱のタンパク質構造が変わるため、口が開きにくくなります。この場合、中身が腐敗している可能性もあるので、無理やりこじ開けて食べるのはやめましょう。

 それ以外には、下記のような原因が考えられます。

・アサリの殻が割れている
・冷凍アサリを解凍してから加熱した
・冷凍アサリを水から茹でた、弱火でじっくり加熱した


 冷凍アサリは死んでいますが、加熱すると口が開きます。理由は、冷凍しても貝柱のタンパク質構造は変化しないため。

 しかし、冷凍アサリを“解凍して”加熱した場合は、口が開きにくくなります。冷凍アサリを調理する場合は、水を沸騰させてからアサリを入れるなど、急速解凍すると口が開きやすくなります。

 また、殻が割れているアサリは、2枚の殻を繋ぎとめる「蝶番(ちょうつがい)」に傷がついている可能性大。ここが壊れると、生きていても口が開かないことがあります。

 ちなみに、砂抜きのとき、アサリの口が開かない理由は下記の通りです。

・明るい場所で砂抜きしている
・水や塩分を入れすぎている
・冷蔵庫で砂抜きしている


 アサリの砂抜きは、塩分濃度約3%の塩水(水500mlなら塩大さじ1)を、アサリの頭が出るくらいの水量入れ、常温で薄暗い場所で行いましょう。

<文/管理栄養士 梅原しおり>

【梅原しおり】
早稲田大学人間科学部卒、管理栄養士免許をもつライター。Twitter:@unchieiyoushi

関連リンク

  • 6/14 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます