「恋愛対象にはならんな...」見落としがちな【男の意外な本音】

拡大画像を見る


好きな男性にはできる限り「素敵な女性」と思ってもらいたいですよね。男性の本音を理解しておくことで、恋愛を有利に進めることができるかもしれません。今回は、見落としがちな【男の意外な本音】についてご紹介していきます。


自分からは「好き」と言いたくない

自分から「好き」と伝えると、男性は有利なポジションに立てなくなってしまうと感じるようです。いい感じの雰囲気なのに、なかなか好きと伝えてくれない彼は「自分が下の立場に立ちたくない」と思っているのかも。いつまでも追いかけられたいという男心が背景にあるのでしょうね。


手に入らないものほど追いかけたくなる

自分で手に入れられないものほど追いかけたくなるのは、多くの男性が持っている本音。「手に入りそうで入らない」そんな女性をゲットするのが、恋愛における男性の目標なのかもしれません。早く手に入れたいと思っている時期が、男性にとっていちばん盛り上がる期間といわれています。


他の男性よりも優位に立ちたい

恋愛で他の男性に抜かされたくない・女性を取られたくないといった気持ちを持っている人も多いです。周囲に強靭なライバルがいれば、男性は負けたくないという気持ちから全力で女性を落としにかかるでしょう。ときには他の男性の存在を匂わせることで、彼の気持ちをくすぐれるかも。


友人に自慢できる恋愛がしたい

男性は素敵な彼女をゲットして、他の友達に自慢したいと思っている部分もあります。「お前の彼女綺麗じゃん!」なんて言われれば、友人に対して優越感を持つでしょう。そのために素敵な彼女を捕まえたいと意気込んでいる男性も、意外に多いようです。
今回は見落としがちな【男の意外な本音】についてご紹介しましたが、参考になりましたか?男性の本音をしっかりと押さえて、気になる彼との恋愛をスムーズに進めていけたらいいですね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/14 8:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます