横山和生騎手がJRA通算200勝達成、リーディング争いでは弟の武史騎手抜く

拡大画像を見る

 13日の札幌7R・3歳以上1勝クラスで、コーリングローリー(牡4、美浦・小野次郎厩舎)に騎乗し1着となった横山和生騎手(美浦・フリー)は、現役58人目のJRA通算200勝を達成した。

【横山和生騎手のコメント】
「多くの方に支えていただき、無事に200勝を達成することが出来ました。これからも怪我をすることなく、引き続き頑張っていきたいです」(JRAのホームページより)

 横山和生騎手は12日に2勝、13日に2勝の計4勝をあげ、これで今年JRA38勝。前週時点で今年の勝利数で並んでいた弟の横山武史騎手を抜き、関東リーディングの2位に浮上した(1位は吉田隼人騎手で45勝)。

 また、これまでのキャリアハイはデビュー3年目、2013年の39勝。この更新まであと2勝としている。

関連リンク

  • 6/13 20:53
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます