【水沢・東北優駿】リュウノシンゲンが断然人気に応え2冠達成

拡大画像を見る

 13日、水沢競馬場で行われた第29回東北優駿(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金1000万円)は、2番手追走から2周目で先頭に立った坂口裕一騎手騎乗の1番人気リュウノシンゲン(牡3、岩手・菅原勲厩舎)が、そのままゴールまで押し切り、2着の5番人気グランフォロミー(牡3、岩手・櫻田康二厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分12秒0(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気サンエイマジック(牡3、岩手・鈴木七郎厩舎)が入った。なお、2番人気ゴールデンヒーラー(牝3、岩手・佐藤祐司厩舎)は4着、3番人気ベニスビーチ(牝3、岩手・畠山信一厩舎)は5着に終わった。

 勝ったリュウノシンゲンは、父グランプリボス、母ランブルジャンヌ、その父Mutakddimという血統。単勝1.1倍の圧倒的人気に応え、ダイヤモンドCに続く2冠を達成した。

関連リンク

  • 6/13 18:32
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます