【エプソムC結果】ザダルが待望の重賞初制覇 トーセンラー産駒のJRA重賞初勝利

拡大画像を見る

 13日、東京競馬場で行われたエプソムC(3歳上・GIII・芝1800m)は、中団でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の3番人気ザダル(牡5、美浦・大竹正博厩舎)が、直線で各馬を差し切り、その内から脚を伸ばしてきた6番人気サトノフラッグ(牡4、美浦・国枝栄厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分45秒1(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に2番人気ファルコニア(牡4、栗東・高野友和厩舎)が入った。なお、1番人気アルジャンナ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は10着に終わった。

 勝ったザダルは、父トーセンラー、母シーザシー、その父Lemon Drop Kidという血統。昨年10月の毎日王冠以来のレースを勝利で飾り、待望の重賞初制覇を果たした。また父トーセンラーにとっても、これが産駒のJRA重賞初勝利となった。

<エプソムCダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 6/13 17:10
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます