優勝候補イングランド、クロアチアを下して白星発進! スターリング弾守り切る

拡大画像を見る

 EURO2020・グループD第1節が13日に行われ、イングランド代表とクロアチア代表が対戦した。

 優勝候補の一角に数えられるイングランドは3大会連続10回目の出場(最高成績3位)、2018年のFIFAワールドカップで準優勝を果たしたクロアチアは5大会連続6回目の出場(最高成績ベスト8)。ともに初の欧州制覇を目指すチーム同士の一戦で先に決定機を迎えたのはイングランドだった。6分、フィル・フォーデンがペナルティエリア右から左足でゴール左下隅を狙ったが、惜しくもポストに阻まれた。

 試合の主導権を握るイングランドは9分、コーナーキックのこぼれ球にカルヴィン・フィリップスが反応。エリアの外から抑えの効いた右足ダイレクトボレーを放ったが、相手GKドミニク・リヴァコヴィッチの好セーブに阻まれた。

 スコアレスで迎えた57分、イングランドが待望の先制点を獲得する。カイル・ウォーカーの縦パスに反応したフィリップスが寄せてきた相手DFを剥がし、ゴール前にスルーパスを流し込む。飛び込んだラヒーム・スターリングが合わせると、シュートは相手GKにも当たってゴールに吸い込まれた。

 イングランドは67分、メイソン・マウントがペナルティエリア手前で倒されてフリーキックを獲得。自らキッカーを務めたマウントはファーサイドのゴール左上隅を狙ったが、ボールを落とし切れずに惜しくも枠を外れた。

 イングランド代表は82分、ケインに代えてジュード・ベリンガムを投入。ベリンガムは17歳349日での出場となり、EUROにおける史上最年少出場記録を塗り替えた。

 追う展開となったクロアチアは敵陣に押し込む時間帯が増えたものの、最後まで1点が遠く。試合はこのまま終了し、イングランドが白星スタートとなった。次節は18日に行われ、イングランド代表はスコットランド代表と、クロアチア代表はチェコ代表と対戦する。

【スコア】
イングランド代表 1-0 クロアチア代表

【得点者】
1-0 57分 ラヒーム・スターリング(イングランド)

【スターティングメンバー】
イングランド代表(4-2-3-1)
ピックフォード;ウォーカー、ストーンズ、ミングス、トリッピアー;フィリップス、ライス;フォーデン(71分 ラッシュフォード)、マウント、スターリング(90+2分 カルヴァート・ルーウィン);ケイン(82分 ベリンガム)

クロアチア代表(4-3-3)
リヴァコヴィッチ;ヴルサリコ、ヴィダ、チャレタ・ツァル、グヴァルディオール;モドリッチ、ブロゾヴィッチ(70分 ヴラシッチ)、コヴァチッチ(85分 パシャリッチ);クラマリッチ(70分 ブレカロ)、レビッチ(78分 ペトコヴィッチ)、ペリシッチ

関連リンク

  • 6/13 23:50
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます