これ、レゴなの!? 大人向けレゴ「50年代レトロなタイプライター」は作るだけではない! 実際に紙をセットして使うことも可能です

拡大画像を見る

昨今注目を浴びている “大人向けレゴ” 。これまでも「ディスプレイ用のアートポスター」や「ボタニカル コレクション」など、レゴの無限の可能性を感じさせるアイテムが続々登場しています。

そしてこのたび新たに登場したのは……「タイプライター」!

パッと見はレゴに見えないけれど、よく見るとしっかりレゴで、感動を超えてむしろ恐ろしくなってきちゃいます。もはやレゴで作れない物なんてないのでは……。

【ミッドセンチュリーモダンなデザインが素敵】

2021年7月1日に発売される「レゴ タイプライター」。

そのデザインをひと言で表すならば「ミッドセンチュリーモダン」♪

1950年代のタイプライターを再現したレトロデザインとクラシックなミントグリーンが、オシャレな雰囲気を醸し出していて目を引きます。

なお、レゴグループ創業者オーレ・キアク・クリスチャンセンさんが愛用していたタイプライターが、このレゴのモデルになっているとのこと。

実在したものがレゴとしてよみがえる……なんだかロマンがありますよねぇ。

【機能&手触りを忠実に再現!】

こちらのタイプライターのすごいところは、ビジュアルだけではないところ。

従来のタイプライターの機能を反映しており、文字キーを押すたびにアームが持ちあがるほか、キャリッジ(土台)が左右へ移動。

また、実物の紙をセットできる上、タイプするたび本格的な打感を感じられるというんですっ!

そもそもレゴでできているのに、見た目も動作も従来のタイプライターと遜色ないだなんて、もはや言葉がないわ……。

これほど大人の遊び心をくすぐるアイテムは、なかなか類を見ないのではないでしょうか。

【レゴファンのアイディアが現実のものに】

「レゴ タイプライター」を発案したのは、イギリス・チェスター在住のレゴファン、スティーブ・ギネスさん。

スティーブさん制作のレゴブロックをもとに実現したセットなんですって。

ファンのアイデアが商品化しちゃうってところにもまた、ロマンがありますよね。

お値段は税込み2万3980円とやや高めではありますが、本格的すぎて、世界中で争奪戦になる予感~!

参照元:レゴストア公式オンラインショップ、YouTube、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 6/13 17:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます