錦鯉・長谷川の母、今年で50歳の息子を心配 ブレイクは嬉しいが「丸呑みして誤嚥になって…」

拡大画像を見る

6月4日、11日深夜放送の『ジンギス談!』(北海道放送)に、MCであるタカアンドトシの札幌吉本時代からの仲間である錦鯉の長谷川雅紀と相方の渡辺隆(43)がコンビ揃ってゲスト出演した。

この回の収録で「今週は(錦鯉と)3回も仕事が一緒だよ」と口調は迷惑そうだが、目が笑っているタカ(45)。『M-1』の決勝進出が決まってから、タカアンドトシは毎日のように長谷川に連絡を入れ「体調はどうだ」と心配していたという。彼の面白さを誰よりも知っている2人は、何としても日本中のお笑いファンが注目する晴れの舞台に立って欲しいと願っていたのだ。今年はタカアンドトシと錦鯉がテレビ番組で共演する機会が急増しているが、どの番組でも長谷川が目立つように2人がサポートに回っているのが印象的だ。

11日深夜の『ジンギス談!』では、長谷川の母親にインタビューを行ったVTRも流された。20年前まではテレビやラジオ、舞台と札幌でそれなりに仕事はあったのに突然、東京に行ってしまった息子がどうしているのかとずっと心配していたが、本人からはたまに金を無心する電話があるだけで「ニュースを見て東京で事件があると、“マッチ(長谷川のこと)ではないか”」と何度も心がざわついたそうだ。今は急に有名になって嬉しい反面、昔より心配事が増えたという。体を張ったり、大食いにも挑戦している息子に「丸呑みして誤嚥になって、死んだらどうしよう」などと不安になるのは、やはり今年で50歳という年齢的なものもあるようだ。

そんな母親が頼りにしているのは、相方の渡辺である。長谷川の爪が伸びていると「切りなさい」と生活面でも面倒を見てくれる渡辺を「父親のようだ」と感謝しているそうだ。最後に「今は皆さんに、元気と笑いを与えてくれて嬉しいです」「もうこれで十分、親孝行してくれた」と長谷川の母親は微笑み、「体は大事にしてください」と息子に、そして相方の渡辺にカメラ越しに声をかけていた。

画像は『長谷川まさのり 錦鯉 2021年5月30日付Twitter「#劇場にいつ行こう」』『HBCテレビ【公式】 2021年6月11日付Twitter「#ジンギス談!きょう深夜0時20分~」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 6/13 18:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます