なでしこ高倉監督、五輪のメンバー選考に頭を悩ませる「みんなが結果を出すので…」

拡大画像を見る

 日本女子代表(なでしこジャパン)を率いる高倉麻子監督が、オンラインでのメディア対応を行った。

 13日にMS&ADカップ2021でメキシコ代表と対戦したなでしこジャパンは、FW岩渕真奈が1ゴール2アシストの活躍。18歳のFW木下桃香の代表初得点も生まれ、東京オリンピック出場メンバー発表前最後の強化試合を5-1で制した。

 高倉監督は試合を振り返って、「五輪のシミュレーションの中、コンディションのいいメキシコと対戦できたことはプラス。失点したが、勝ち切れたことは評価できます。ただ、相手の1歩目の力強さ、体の厚み含め、局面でのマイナスにならないための守備を確認したい。2試合終わったが、疲労度もタフになるとわかりました。メンバー選考含め、どういった戦いをしていくかを、しっかり精査していきたいです」と評価。メキシコに後手を踏む部分もあったことについては、次のように原因を分析している。

「いろいろな選手を試す中でのキャスティングだったので、配置のバランスもあるかなと見ていました。前線と後ろの選手の間が空くシーンもあったし、予測の部分でプレッシャーをかけないといけないところも後手になっているところがありました。組織的に守備をする部分で確認をする必要があります」

 また、高倉監督は五輪のメンバー選考について、次のように語っている。

「これまでのパフォーマンス含め、レベルは上がっています。スタメンを張れる選手を考えながら、途中交代でアクセントをつけられる選手を考えています。思ったよりパフォーマンスがいい、思ったほど上がって来ていない選手がいるのが正直なところ。心を込めて選びたいです。チームを循環させながら、ベストの状態で戦える布陣になるよう選んでいきたいです」

「みんなが結果を出すので、本当に頭が痛くて(笑)。まず部屋に帰り、ため息が出ました。彼女たち自身の人生がかかっていると自分も受け止めているので、それを踏まえ考えていきます。18人に入らなくても、選手たちへの思いは変わらないし、選手たちの思いを背負って、戦っていきたいです」

 高倉監督は最後に「五輪開催にはポジティブ、ネガティブな話はありますが、私たちは成長するために日々努力をしていきたいです。本番になったら、なでしこの背中をぜひ押していただけるように日々、頑張っていきます」と本番への意気込みを示した。

関連リンク

  • 6/13 18:18
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます