7倍以上も店増!健康効果も!本当にうまい「唐揚げ専門店」

拡大画像を見る

 コロナ禍で外食産業が痛手を負う中、躍進を続けている店がある。“唐揚げ専門店”だ。

 日本唐揚協会の調査によると、現在、唐揚げ専門店の数は、全国におよそ3100。去年と比べて3割以上、10年前と比べると、7倍以上も店舗数が増え、大手外食チェーンも続々と参入し、激しい競争が繰り広げられている。

 同協会専務理事の八木宏一郎氏が解説する。

「今ほどのブームになったのは、2019年の消費税率アップが発端です。テイクアウトの税率が8%に据え置かれたことから、大人気となりました」

 家で調理すると面倒な揚げ物が手軽に食べられるとあって、コロナ禍で、さらに需要が高まっているのだ。

 そこで今回、店舗数が多い4大チェーンの唐揚げを食べ比べ。本誌独自の「No.1唐揚げ」を決定した。

 まずは、全国のファミレス・ガストでも食べられる、唐揚げ専門店『から好し』のももから揚げ(259円=100グラム)。カリッと音がするほどパリパリの皮と、みっちりとした肉からあふれるうま味が特徴で、まさに王道の一品。一部の店舗では、1個550グラム程度から量り売りで提供されている。

 71歳で現役バリバリのテリー伊藤を広告塔に据えた、『からあげの天才』も絶品ぞろい。名物の「デカから」(1個106円)は、黒の醤油ダレと白の塩こうじ、赤の辛みその3種類から、自由に組み合わせを選べる。1個60グラムほどの大ぶりな唐揚げは、肉が柔らかく食べやすい。

 揚げ物は体に悪そうなイメージもあるが、日本食鳥協会を監修する、広島大学の名誉教授を務める西村敏英氏によると、「唐揚げの肉に含まれる、イミダゾールジペプチドという成分が、生体の老化、がん化を抑える“抗酸化作用”を持つことが、明らかになっています」

 6月14日発売の『週刊大衆』6月28日号では、このほかにもおすすめの唐揚げ専門店を紹介している。

関連リンク

  • 6/13 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます