「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」1位の木村柾哉「プデュ」シリーズの“ジンクス破り”が話題

【モデルプレス=2021/06/13】日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる日本発の“サバイバル“オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」のファイナルが13日ひる2時よりTBSにて生放送され、デビューするグローバルボーイズグループ「INI(アイエヌアイ)」のメンバーとなる11人の練習生が決定。1位に選ばれた木村柾哉(きむら・まさや)が同オーディションで語り継がれる“ジンクス”を破ったことに注目が集まっている。


◆木村柾哉、ジンクス破り1位に

韓国にて放送を開始した「PRODUCE 101」(Mnet)シリーズは、JO1が誕生した日本版「PRODUCE 101 JAPAN」を含む5度の放送で「テーマ曲でセンターを務めた練習生は最終順位で1位にならない」というジンクスがファンの間で話題に。

IZ*ONEを輩出した「PRODUCE48」にてテーマ曲「NEKKOYA (PICK ME)」のセンターを務めたHKT48の宮脇咲良は最終順位で2位、「PRODUCE 101 JAPAN」にてテーマ曲「ツカメ ~It's Coming~」のセンターを務めたJO1の川尻蓮も最終順位で2位となるなど、毎回注目を集めていた。

そんな中、今回木村はテーマ曲「Let Me Fly ~その未来へ~」のセンターを務めた上で最終順位にて1位に選出。同シリーズ史上初、“ジンクス破り”を果たしたのだった。

この木村の功績には、ネット上で「ついにジンクス破った!」「柾哉くんすごい!おめでとう!」「この日を待ってました」「センターおめでとう!」など多くの祝福の声が寄せられている。

◆「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」とは

韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送された大ヒットサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」シリーズの日本版第2弾で、第1弾「PRODUCE 101 JAPAN」は2019年12月にデビューメンバーが決定し、JO1として2020年3月にデビューした。

SEASON2ではまず、練習生と呼ばれる全国各地から集まった候補者が今年1月末に100人公開(1人辞退)。新システム「オンタクト能力評価」を通して選抜された60人が次のステージに進出し、グローバルボーイズグループとしてのトレーニングを受けられる機会を得た。

番組開始前に公開した主題歌「Let Me Fly~その未来へ~」のミュージックビデオは公開翌日に100万回再生を突破し、YouTube急上昇ランキング1位を獲得。ポジションバトル課題曲で披露した清水翔太「花束のかわりにメロディーを」のパフォーマンスハイライト動画もYouTube急上昇ランク1位を獲得し、 現在420万回再生を突破した。YouTube全動画の再生回数は1億超えという偉業を達成し 、毎回、Twitterリアルタイムキーワードランキング上位トレンド入りするなど話題に。

そして、本編のグループバトルによって60人から40人に、ポジションバトル、コンセプトバトルを通じて40人から21人が勝ち抜きファイナル進出が決定。最終回では最終評価課題「デビュー評価」が放送され、生放送中はリアルタイムで”推しMEN”に投票をすることが可能。また放送終了後の16時からは無料動画配信サービス「GYAO」 にて、デビューが決定した11人が出演する生配信も実施された。

◆デビュー評価ステージ内容

デビュー評価は10人と11人に分かれ、でオリジナル楽曲「ONE」と「RUNWAY」をパフォーマンス。さらに、最後にバラード課題曲として、韓国の「PRODUCE 101 SEASON2」のテーマ曲センターを務めWanna Oneでの活動を経て現在AB6IXメンバーとして活動するイ・デフィが書き下ろし、レコーディングも監修した「ONE DAY」 を歌唱した。

最終的にデビューすることができる11人は、国民プロデューサーの投票により決定。事前オンライン投票、さらに最終回生放送中のリアルタイム投票との合算から、11人が選出された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/13 17:34
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます