韓国代表FWソン・フンミン、緊急搬送の元同僚エリクセンに得点捧げる「愛しているよ」

拡大画像を見る

 トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、自身の得点を元同僚のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(現インテル)に捧げた。

 エリクセンは12日に行われたEURO2020・グループB第1節デンマーク対フィンランドに先発出場。同選手は試合途中の40分頃、意識を失って突然ピッチに倒れ込み、ピッチ上で心臓マッサージなどの処置を受けた。コペンハーゲン市内の病院に搬送されたものの、現在は容態が安定しており、意識もあって会話が行える状態だと伝えられている。

 そんななか、ソンは13日に行われた2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のレバノン代表戦に出場し、66分にPKを成功させて2-1の勝利に貢献。ゴールパフォーマンスでは「23」(エリクセンがトッテナムで着用していた背番号)を指で作り、カメラに向かって「クリスティアン、愛しているよ」と盟友にエールを送った。



 エリクセンとソンは、2015年夏から2020年冬にかけてトッテナムで共闘。2016-17シーズンのプレミアリーグ2位や2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝進出などをともに経験した。

関連リンク

  • 6/13 17:54
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます