夏の疲れは風呂で解消! LUSHの爽快バスボムを使ってみた

拡大画像を見る

 夏が近づくと毎日のお風呂時間をシャワーで簡単にすませてしまいがちだ。しかし、暑さで疲れが溜まったり、べたつきが気になったりしたときはゆっくり湯船に浸かったほうがリフレッシュになり疲れもとれるんだとか。そこで、人気のバス用品メーカー「LUSH」をチェックし、気分が上がる夏におすすめのバスボムを購入してみた。

●浴槽が宇宙に! 爽やかなペパーミント香るスッキリアイテム


 「LUSH」はイギリスに本社を置く化粧品とバス用品のメーカー。高品質の材料を使用しハンドメイドで商品を作っており、体にやさしいのが特徴だ。さらにデザインのおしゃれさや斬新さから世界中に多くのファンを持つ。
 今回はそんな「LUSH」で人気のバスボムを購入してみた。まずは定番商品から、夏らしく爽快感のある「インターギャラクティック」を選択。ネオンカラーが華やかな見た目のこちらはLUSHのベストセラーとのこと。使用する前からペパーミントの爽やかな香りがあたり一面に広がる。
 お湯を溜めたバスタブにバスボムを投入。ぷくぷくと泡を出し、色を変えながら溶けていく様子はいつまでも見ていられそう。全体は淡いブルーに、バスボムを入れたところはピンクや黄色などカラフルにお湯が染まっていく。浴室内にいるだけでペパーミントの香りが鼻にツーンと刺激を与えて爽快感を運んでくれる。気泡は2分ほど待つと落ち着いた。
 宇宙色に染まった浴槽に入ってみると、意外にもとろみのある感触がする。香りや色から清涼感を感じられるかと思いきやしっとりとした湯触りが肌に心地よい。香りも時間が経つにつれクールな印象から温かなやさしいものに変化していた。ベチパーとシダ―ウッドというアロマにも使われる成分が入っているためだろう。
 時間が経つとだんだんと泡が減っていき、青色に染まる。先ほどとは全く異なる色合いで1度の入浴で2度楽しめる仕掛けがうれしい。なんとよく見るとラメが入っており、キラキラと星が瞬く夜空に浮かんでいる気分に。香りは爽やかで湯触りはなめらか、そのうえ色や香りの変化もありワクワクしながらリラックスすることができた。

●ジャスミンの香りと泡に包まれる至極のバスタイム


 続いては数量限定で登場した「フローラルクリーム バブルバー」。家の風呂でリッチな気分を味わいたく、泡が発生するバブルタイプを選んでみた。南国を思わせる上品な花のデザインも素敵で、プレゼントにも最適だ。
 バブルタイプのバスボムはお湯を当てながら泡立てるため、先に砕いた商品を投入。一般的な大きさのお風呂の場合半分で十分とのことで2分の1だけ使うことにした。最初は砕いたバスボム全体に当たるようにシャワーで、風呂の床が泡で埋まってきたらカランに切り替えてお湯が溜まるまで待つ。
 数分後、水の注ぎ口を中心に大量の泡が発生していた。ジャスミンのやさしくて甘い香りが室内に漂う。体全体が浸かった後もきめ細やかな泡は消えることなく体全体が包まれる至極の体験ができた。お湯の質はそんなに変わらずしっとりとしており浴槽を出たあともベタつくことなどはないのでさっぱりしたい方にもおすすめ。10~15分ほどたってももこもこの泡は健在。さらにシャワーを当てたりかき混ぜたりすることでどんどん泡が追加されていく。
 爽やかなミントの香りともこもこの泡風呂、想像以上にリフレッシュできた。一般的な入浴剤にはないようなユニークでスペシャルな商品で非日常体験が気軽にできる「LUSH」のバスシリーズ。他にも様々な種類の商品が販売されているので、体の芯からリフレッシュしたい人はぜひ試してほしい。(エフェクト・霜越緑)

関連リンク

  • 6/13 16:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます