一度告白を断った男性が「気になってしまう瞬間」9パターン

一度はフッた男性を、あとになって「やっぱり気になる…」と意識した経験のある女性は多いようです。では、どんなことをきっかけに、女性は袖にした相手を見直すのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「一度は告白を断った男性を見直す瞬間」をご紹介します。

【1】フッても以前とまったく同じ態度で接してくれたとき
「昨日と同じ表情で『おはよう』と言われてなんだかドキッとした」(20代女性)というように、「いつも通り」を貫く男性に、好印象を抱くパターンです。心の中では泣いていても、告白前と変わらない行動を心がけ、ほどよい距離感をキープしましょう。

【2】仕事や勉強に一生懸命打ち込み、成果を上げているとき
「いい刺激もらえそうだし、将来性あるかも…と思って」(10代女性)というように、周りから注目されるくらいの「結果」を出すと、さすがに見え方が変わるようです。フラれた悔しさをエネルギーに変えてふんばると、思わぬ成果をあげられるかもしれません。

【3】自分が断る理由として挙げたことを改善したとき
「チャラい感じじゃなくなったので、受け入れる気になれた」(20代女性)というように、女性に提示された「付き合いたくない理由」を払拭すれば、見直してもらえる可能性もありそうです。耳が痛い一言から逃げずに、しっかりと向き合って改善を目指しましょう。

【4】周りの人に親切にしているのを見たとき
「本当に優しい人なんだな、と思った」(20代女性)というように、自分以外の人への親切丁寧な対応を見て、フッたはずの男性を急に気になりはじめてしまったケースです。フラれて心が痛くても、荒れることなく他人に優しく接していれば、幸運が訪れるかもしれません。

【5】服装や髪形を変えて印象が変わり、素敵になったとき
「最初から、こっちの髪で告白してくれればよかったのに…と思った(笑)」(10代女性)というように、見た目が好みに近づくことで、一気に「気になる存在」に変わることもあるようです。フラれたあとは気分転換をかねて、自分に似合うスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

【6】自分磨きのためにダイエットやトレーニングに取り組み、効果を出しているとき
「痩せたらなんかセクシーに見えてきた」(20代女性)というように、カタチになって表れた男性の努力の成果をみて、好意を抱いたケースです。失恋の悔しさをバネに肉体改造に取り組んでみるのもいいかもしれません。

【7】困っている自分を助けようとしてくれたとき
「本当は話しかけづらいと思うんだけど…優しくされて惚れた」(20代女性)というように、救いの手を差し伸べたことがきっかけで風向きが変わるケースもあります。交際を断られて気まずい関係になってしまっていても、相手が困っていたら「何か手伝おうか?」と声をかけたいところです。

【8】しつこくない程度に「気持ちは変わらないから」とアピールされたとき
「『まだ俺のこと好きにならないの?』とか冗談っぽく、軽い感じで言ってくれるからよかった」(10代女性)というように、変わらぬ想いをアピールし続けた結果、振り向いてもらえることもあるようです。メッセージのやりとりが盛り上がったときなどに、まだ好きなことをサラッと伝えてみるといいかもしれません。

【9】ボランティア活動など誰かのためになる仕事に打ち込んでいることを知ったとき
「他人のために働けるのは、悪い人ではない証拠」(20代女性)というように、奉仕活動をしていると知って、恋心が芽生えるケースもあるようです。ボランティアでなくても、「誰かのため」に動ける人は、やはり魅力的に見えるものなのでしょう。

告白を断られた直後というのは、ある意味「人間性を問われる時期」だと言えそうです。ここでの行動が二度目の告白の成否のカギとなるのかもしれません。(外山武史) 【調査概要】 期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで 対象:合計238名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/13 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます